ニュース
» 2011年02月23日 10時30分 UPDATE

Windows 7とWindows Server 2008 R2のSP1が一般公開

あらかじめ予告されていた通り、Windows 7とWindows Server 2008 R2のService Pack 1(SP1)が一般公開された。Windows Update経由で自動更新できる。

[ITmedia]

 米Microsoftは2月22日(現地時間)、Windows 7とWindows Server 2008 R2のService Pack 1(SP1)を一般公開した。日本語を含む各国語版が用意されている。Windows Update経由で自動更新できるほか、複数台にインストールする場合、Microsoft Download Centerからインストーラを入手可能だ。

 Windows 7 SP1は、Windows 7リリース後に提供された更新プログラムをまとめたもので、大きな変更はない。Windows Server 2008 R2 SP1には、仮想化環境を強化する新機能の「RemoteFX」と「Dynamic Memory」が含まれる。

 SP1のプレリリース版をインストールしている場合、正式版の導入前に、アンインストールしておく必要がある。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.