ニュース
» 2011年02月24日 12時00分 UPDATE

富士通、Windows & AtomのスレートPCを企業向けに投入

富士通は、2月24日に法人向けのスレート型PC「STYLISTIC Q550」シリーズを発表した。Windows OSを採用して10.1型ワイドディスプレイを搭載する。

[ITmedia]

仕事で使うスレートデバイスはWindowsでないとだめだ!

kn_fujitsuslate_01.jpg 「STYLISTIC Q550」シリーズ

 「STYLISTIC Q550」シリーズは、10.1型ワイド液晶ディスプレイを搭載するスレート型のタブレットPCだ。解像度は1280×800ドットで重さは約690グラム(標準バッテリー搭載時)。この状態でバッテリー駆動時間は約3.5時間になる。なお、オプションの大容量バッテリーを搭載した状態で重さは約840グラム、バッテリー駆動時間は約10時間になる。標準バッテリーも大容量バッテリーもサイズは同じで、本体のサイズは275(幅)×193(奥行き)×16.2(厚さ)ミリだ。

 ディスプレイにはタッチパネルを内蔵するが、静電容量方式と電磁誘導方式をサポートしてペンが付属する「ペンありモデル」と、静電容量方式のみのサポートでペンが付属しない「ペンなしモデル」に分かれる(なお、先に示した重さとバッテリー駆動時間はいずれもペンなしモデルの場合)。

 富士通では、現在普及しているスレートデバイスの多くが、法人で利用するにはセキュリティやサポート、大量導入などの対応で課題が多く、用途も限定的と考えている。企業で利用するスレートデバイスには、これらの課題に対応でき、オフィスなどに多数存在する周辺機器やアプリケーションとの互換性が高いWindows採用の製品が必要で、そのために、Windows OSを採用するスレートPCを用意したという。

 そのため、OSには32ビット版のWindows 7 Professional、もしくは、32ビット版のWindows 7 Home Premiumを導入。CPUはインテルの“Ork Trail”Atomを採用する。メモリ容量は2Gバイト。データストレージとして30Gバイト、もしくは、62GバイトのSSDを内蔵する。本体に用意するインタフェースには、USB 2.0、SDメモリーカードスロットを備える。

 無線接続として、IEEE 802.11a/g/nとBluetooth 3.0が標準構成で用意するほか、オプションでワイヤレスWANも実装できる。また、周辺機器ではクレードル、Bluetoothキーボードなどが登場する予定だ。

 出荷開始はペンなしモデルが4月中旬からの予定で価格は8万9800円から、ペンありモデルは出荷開始が5月中旬からで価格は9万9800円からとなる。

関連キーワード

PC | FMV | 富士通 | モバイルPC | タブレットPC | Atom


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう