レビュー
» 2011年03月28日 17時00分 UPDATE

いろいろ大変だけど何とかやってる:“離れて暮らす親”に始めてもらうTwitter――ダイレクトメッセージを使う (1/2)

“実家の親”だけでなくPCに慣れていない人にも始めてもらいたいTwitter超入門。今回は“メール”のように使える「ダイレクトメッセージ」を説明します。

[山口真弘,ITmedia]

“Twitterのメール”ダイレクトメッセージを使う

“離れて暮らす親”に始めてもらうTwitter──“会員登録”からフォローの方法まで


 お互いに「フォロー」をしている相手には、Twitterを使って直接メッセージを「送ったり」「受けたり」できます。このメッセージを「ダイレクトメッセージ」と呼びます。略して「DM」と呼ぶ人も多いです。携帯電話やPCで使うメールと同じように使えます。

 今回の災害では、携帯電話のメールが使えないトラブルが多く、そして長期間に渡って発生しました。しかし、TwitterやTwitterのダイレクトメッセージではそのような問題が起きず、連絡を取る手段として役に立ったという意見が多く聞かれています。

 もちろん、Twitterでも長い時間使えなくなったトラブルが過去に発生しています。完全ではないことを理解した上で、携帯電話のメールが使えない場合でも代わりに使える連絡手段として用意しておくと安心です。

 なお、ダイレクトメッセージは、お互いにフォローしている相手のほかに、自分をフォローしている相手にメッセージを送ることもできます。この相手からダイレクトメッセージを受け取ることはできません。ただ、この“関係”は複雑なので、最初は「お互いにフォローしている人とメールのようにメッセージを送ったり受けたりできる」と覚えておくのがいいでしょう。

 使えたり使えなかったりする相手がいるので、不便に思うかもしれません。しかし、携帯電話のメールと違って、自分の知らない人から迷惑メールが届かないというメリットもあります。

ダイレクトメッセージを使ってみる

 ダイレクトメッセージを送るときは、送る相手のアカウントの文字をマウスで押します。すると、相手のTwitterのページが表示されます。そこで、緑色の「フォローしている」ボタンの右側にある「ダイレクトメッセージ」というボタンをマウスで押します。「ダイレクトメッセージ」というボタンが表示されない相手には、ダイレクトメッセージを送れません。

kn_oyatwit2_01.jpg 緑色の「フォローしている」のボタンの右側にある「ダイレクトメッセージ」というボタンをマウスで押します

kn_oyatwit2_02.jpg 「ダイレクトメッセージ」というボタンが表示されていない相手には、ダイレクトメッセージは使えません

 「ダイレクトメッセージ」というボタンをマウスで押すと、「***にダイレクトメッセージを送信」という枠が出てきます(***はメッセージを送る相手の名前です)。この画面に連絡したい文章を書いて、右下にある「送信」というボタンをマウスで押します。これでダイレクトメッセージを送信できました。

kn_oyatwit2_03.jpg 「ダイレクトメッセージ」ボタンをマウスで押すと、メッセージを書く画面が表示されます

kn_oyatwit2_04.jpg メッセージを書き込んで右下の「送信」ボタンを押すと完了です

関連キーワード

地震 | Twitter | 東北関東大震災 | 支援 | 災害


       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう