ニュース
» 2011年08月30日 13時00分 UPDATE

キヤノン、「Satera」シリーズ初の無線LANを搭載したA4カラー/モノクロレーザー複合機5モデル

キヤノンは「Satera」シリーズのA4カラーレーザー複合機3モデルとA4モノクロレーザー複合機1モデルを9月8日から順次発売する。シリーズ初の無線LAN対応モデルを用意した。

[ITmedia]

 キヤノンは8月30日、A4カラーレーザー複合機「Satera MF8380Cdw」「同 MF8340Cdn」「同 MF8080Cw」「同 MF8040Cn」、およびA4モノクロレーザー複合機「Satera MF6780dw」の計5モデルを発表した。いずれもホームオフィスや中/小規模事業所向けの複合機で、2011年9月8日より順次発売する。

A4カラーレーザー複合機は4モデルを一挙投入

tm_1108mfp_01.jpg 「Satera MF8380Cdw」

 Satera MF8380Cdw/MF8080Cwはコピー、プリント、FAX、スキャンの機能を、Satera MF8340Cdn/MF8040Cnはコピー、プリント、スキャンの機能を搭載したA4カラーレーザー複合機だ。ボディデザインは2009年8月発表の従来機種を引き継いでいる。

 MF8380Cdw/MF8080Cwは「Satera」シリーズで初めて無線LAN機能を内蔵し、設置場所の自由度を高め、ワイヤレスプリントにも対応した(有線LANは4モデルとも搭載)。MF8380Cdw/MF8340Cdnは自動両面印刷ユニットと、最大50枚の連続コピーが可能な両面読み取り対応のADFも装備する。

 印刷速度はMF8380Cdw/MF8340Cdnがカラー/モノクロとも毎分20枚、MF8080Cw/MF8040Cnがカラー毎分8枚/モノクロ毎分12枚だ。キヤノン独自のオンデマンド定着方式により、ファーストコピーはMF8380Cdw/MF8340Cdnがカラーで17秒以下、MF8080Cw/MF8040Cnがカラーで30秒以下となっている。

 MF8380Cdw/MF8340Cdnは給紙カセットに250枚、手差しトレイに50枚の給紙が可能。MF8080Cw/MF8040Cnは給紙カセットに150枚、手差しトレイに1枚の給紙が行える。

tm_1108mfp_02.jpg 「Satera MF8080Cw」

 国際エネルギースタープログラムの適合基準であるTEC値(標準消費電力量)は、MF8380Cdw/MF8340Cdnが0.89キロワットアワー、MF8080Cw/MF8040Cnが0.52キロワットアワー。スリープモード時の消費電力は、MF8380Cdw/MF8340Cdnで約1.4ワット、MF8080Cw/MF8040Cnで約2.1ワットに抑えた(いずれも有線接続時)。

 操作部には漢字5行表示が可能な白色バックライト付き液晶パネルを搭載し、操作ガイドなども表示できる。操作部にはスキャンしたデータを任意のPCに転送する2つの「ワンタッチスキャンボタン」や、集約コピーをする「用紙節約コピーボタン」といったショートカットキーも装備する。

 これら4モデルはいずれも2011年10月下旬の発売予定。価格はオープンで、予想実売価格はMF8380Cdwが9万4980円前後、MF8340Cdnが8万4980円前後、MF8080Cwが7万9980円前後、MF8040Cnが6万9980円前後だ。

高速出力のA4モノクロレーザー複合機も用意

tm_1108mfp_03.jpg 「Satera MF6780dw」

 Satera MF6780dwはコピー、プリント、FAX、スキャンの機能に対応したA4モノクロレーザー複合機。新開発のエンジンにより、毎分33枚の高速印刷が行える。ファーストコピーは8秒以下だ。

 自動両面印刷に加えて、最大50枚の連続コピーが可能な両面読み取り対応のADFも装備。標準の給紙カセット(500枚)とマルチトレイ(50枚)に、オプションのカセット(500枚)を増設することで、最大1050枚の給紙が可能だ。インタフェースは無線LANと有線LANを備える。TEC値は1.35キロワットアワー、スリープモード時の消費電力は約2.3ワットだ。

 発売日は2011年9月8日。価格はオープンで、予想実売価格は7万4980円前後だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう