ニュース
» 2011年09月07日 17時35分 UPDATE

AMD、Bulldozer世代のサーバ向けCPUを出荷開始

AMDは、9月7日に“Bulldozer”アーキテクチャを採用したCPUの出荷を開始したことを明らかにした。

[ITmedia]

 今回出荷を開始したBulldozer採用のCPUは、サーバ向けの「Interlagos」(開発コード名)で、16コアを内蔵する。従来のOpteron 6100シリーズの対応プラットフォームと命令セットとの互換性を持つ。

 AMDは、Interlagosを採用したシステムが2011年第2四半期に登場する予定と説明している。

kn_bull_01.jpg 2つのコアを1つのモジュールとして扱うBulldozerのマイクロアーキテクチャ

関連キーワード

Bulldozer | Interlagos | AMD | CPU | Opteron


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.