ニュース
» 2011年10月13日 15時46分 UPDATE

イー・モバイルから日本最小・最軽量スマホ「Sony Ericsson mini」登場

イー・アクセスがイー・モバイルの新モデル「Sony Ericsson mini」を発表。日本最小・最軽量のコンパクトボディが特徴のAndroid端末だ。HD動画撮影機能や笑顔検出機能付き500万画素カメラなどを搭載するほか、Wi-Fiルーターとしても利用できる。

[ITmedia]

 イー・モバイルを展開するイー・アクセスは10月13日、ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ製スマートフォン「Sony Ericsson mini」を発表した。日本最小・最軽量(10月13日時点、同社調べ)のボディが特徴で、Wi-Fiルーターとしても利用できる。28日から販売を開始する。

photophoto ボディカラーはホワイトとブラックの2色
photo ダークブルー、ダークピンクのカラーリアカバーも同梱する

 ボディサイズは幅52×高さ88×厚さ16ミリ、重さは約99グラムという軽量コンパクトなボディに、「モバイルブラビアエンジン」の高画質技術を駆使した動画再生機能、HD動画撮影や笑顔検出などに対応した有効約500万画素カメラなどを搭載する。

 OSのバージョンはAndroid 2.3で、プロセッサは1GHz駆動の「Snapdragon MSM8255」。RAMは512Mバイト、ROMは1Gバイトとなる。ディスプレイは3インチハーフVGA(320×480ピクセル)液晶を採用した。

 ホーム画面の四隅にショートカットを配置できるユーザーインタフェースを備え、片手での操作がしやすいのも特徴。また、Pocket WiFiウィジェットを搭載し、ウィジェットをタップするだけでWi-Fiルーター機能を切り替えられる。Wi-Fiルーターとしての連続通信時間は約4時間(環境・設定により変動)。

 イー・モバイル オンラインストアでの端末価格は、「ベーシック」の加入で3万9800円、「シンプルにねん」で2万9840円、「シンプルにねん+アシスト1200」で100円となる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう