連載
» 2011年11月29日 11時30分 UPDATE

ちょっと気になる入力デバイス:iPad 2用の変形合体フルサイズキーボード「Logicool Fold-Up Keyboard」を試す (1/3)

ユーザーに身近なキーボードとマウスは、星の数ほど発売されている。その中から、気になる一品を360度チェックする本連載。今回はiPad 2用の一風変わった折りたたみ式キーボードに注目した。

[PC USER編集部 入力デバイス取材班,ITmedia]

iPad 2と一体化するトランスフォーム キーボード、その実力は?

 iPad 2にはソフトウェアキーボードが備わっているが、ある程度長い文章を日常的に入力したい場合、効率的に文字を打てるハードウェアキーボードが欲しいと思う人は少なくないだろう。実際、iPad/iPad 2用をうたうキーボード製品は各社から多数販売されている。

 こうした製品の中から、前回は保護カバー、スタンド、キーボードを一体化した「ロジクール タブレット キーボード For iPad」」(型番:TK700、英語名:Logicool Keyboard Case For iPad2)を取り上げたが、今回はiPad 2用のユニークな折りたたみ式ワイヤレスキーボード「ロジクール トランスフォーム キーボード」(型番:TK900、英語名:Logicool Fold-Up Keyboard)を見ていこう。

tm_1111_foldup_01.jpgtm_1111_foldup_02.jpgtm_1111_foldup_03.jpg iPad 2用の折りたたみ式キーボード「ロジクール トランスフォーム キーボード」(型番:TK900、英語名:Logicool Fold-Up Keyboard)。ボディカラーはブラックで統一されている。ロジクールの直販価格は1万2800円だ

ユニークな展開/収納ギミックは必見

 TK900はiPad 2の背面に装着することで、ノートPCのようなスタイルで利用できるBluetooth接続のワイヤレスキーボードだ。最大の特徴は、ユニークなキーボードの展開/収納ギミックにある。独自のスライド&チルトシステムを採用しており、フルサイズキーボードが左右に分かれてiPad 2本体の背面に折りたたまれて収納される仕組みだ。

 キーボード使用時は、背面のボタンでロックを解除し、iPad 2本体を持ち上げつつ、左右に分かれたキーボードをスライドさせて手前で合体させることで、iPad 2が斜めに固定され、ノートPCのようなスタイルでキーボード入力が行えるようになる。慣れれば、2〜3秒程度でキーボードを展開できるだろう。

 これにより、キーボードを収納して持ち運ぶ際にはiPad 2のフットプリントとほとんど変わらない横幅と奥行きを維持し(厚みと重さは増すが)、利用時はキーピッチ約19ミリのフルサイズキーボードで余裕を持って文字入力が行えるというわけだ。

 同じような思想の分割キーボードとしては、「ThinkPad 701C」のバタフライキーボードやスマートフォン用の2つ折りキーボードなどが思い浮かぶが、TK900もこれらと同様、“小さく運んで、大きく使う”を実現している。この展開と収納の動作が何より見た目に面白いことが、ほかのiPad 2用キーボードに対する差別化要因になる。

tm_1111_foldup_04.jpgtm_1111_foldup_05.jpgtm_1111_foldup_06.jpg

tm_1111_foldup_07.jpgtm_1111_foldup_08.jpgtm_1111_foldup_09.jpg 左上から右下へ、収納されたキーボードを開いて合体させた様子

tm_1111_foldup_10.jpgtm_1111_foldup_11.jpgtm_1111_foldup_12.jpg iPad 2とSmart Coverを付けた状態で、キーボードを開いて合体させた様子

TK900のキーボードを展開(前から見た様子)
(表示されない場合はこちらから)


TK900のキーボードを展開(背後から見た様子)
(表示されない場合はこちらから)


TK900のキーボードを展開(横から見た様子)
(表示されない場合はこちらから)


TK900のキーボードを収納
(表示されない場合はこちらから)


       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-