ニュース
» 2012年01月26日 13時00分 UPDATE

東芝、2万円台の薄型電子ブックリーダー──「BookPlace DB50」

東芝が7型サイズの電子ブック専用端末を発表。7型サイズで無線LAN搭載、重量330グラム、実動7.5時間のバッテリーを内蔵する。

[ITmedia]

実売2万円ほどの7型電子ブックリーダー

photo BookPlace DB50

 東芝は1月26日、Android OSを採用した電子ブックリーダー「BookPlace DB50」を発表。2012年2月中旬に発売する。価格はオープン、実売価格は2万2000円前後と予想される。

 BookPlace DB50は、厚さ11ミリ、重量約330グラムの7型ワイド液晶搭載ボディを採用する電子ブック端末。OSにAndroidを採用するがそれは表に出さず、電子ブックリーダー機能と一部(Webサイト表示やメール機能など)に機能を絞ったユーザーインタフェース(UI)を採用する。想定ターゲットに、ITリテラシーがそれほど高くはない30〜40代男女の読書利用層を据える。

 電源を入れると電子ブックの本棚ホーム画面、ハードウェアキーによるメニュー/戻る/続きボタン類、一般文庫本2冊分ほどとする重量約330グラムのボディなど、電子ブックの読みやすさ・使いやすさを工夫した。8Gバイトの内蔵ストレージで書籍コンテンツを約6000冊収納できる(microSDにより保存容量の拡張も可能)。

 メインの電子ブックリーダー機能は、フォントサイズや行間の調整、拡大/縮小、白黒反転といったもののほか、単語のWeb連携機能(単語の選択により、Wikipediaサイトで検索)、本棚の中身入れ替え機能、複数の本棚を作成してカテゴリ別に管理できる機能、雑誌やコミックなどのシリーズものを束ねてリスト化する機能、音声読み上げ機能電子書籍ストア「BookPlace」へのワンタッチアクセスボタンなどを設ける。コンテンツ購入は同社が展開する電子書籍ストア「BookPlace」(BookLive!連携)より行え、本機や同社PCプリインストールソフトなどで利用できる音声読み上げ対応コンテンツも約7500冊用意する。本機には5000円相当(5000ポイント)の書籍購入ポイントも同梱する。

 主な仕様は、1024×600ドットで静電タッチパネル付きの7型ワイド液晶ディスプレイ(カラー)、内蔵8Gバイトストレージ、IEEE802.11b/g/nの無線LAN、Bluetooth 2.1+EDRなど。インタフェースはSDメモリーカードスロット(microSD)、Micro USB、ヘッドフォン(3.5ミリピンジャック)、外部スピーカー。本体サイズは120(幅)×190(高さ)×11(厚さ)ミリ、重量は約330グラム。本体上面に電源、メニュー、戻る、続き(Continue)、ボリューム調整、前面にホームボタンを実装する。“続き”ボタンは、ほかの画面から「読み途中」の本の続きをワンタッチで開く機能となる。


photophoto 本体上面、底面
photophoto 本体左側面(カバーオープン時)、右側面

 バッテリー動作時間は約7.5時間。この値は省電力モード:有効、文字だけで構成する電子ブックデータを40秒ごとに1回ページをめくり続けた際のものという。リーダー機能以外にAdobe Reader、電卓、時計、Webブラウザ、メール、カレンダー、ギャラリー、音楽再生といったアプリケーション・ウィジェットも用意する(ただし、Androidアプリの個別インストールは不可となる)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう