レビュー
» 2012年02月09日 14時00分 UPDATE

iPadに最適化:「ATOK Pad for iOS」を少しだけ使ってみた

ジャストシステムのiOS向けメモアプリ「ATOK Pad for iPhone」が名称を「ATOK Pad for iOS」に改め、iPadに最適化したUIを搭載。iPadで少しだけ試してみた。

[後藤治,ITmedia]

ユーザーインタフェースをiPadに最適化した「ATOK Pad for iOS」

og_atokforios_001.png ATOK Pad for iOS

 ジャストシステムの「ATOK」を搭載したメモアプリ「ATOK Pad for iOS」(旧ATOK Pad for iPhone)が2月3日に公開された。ATOKといえば日本語入力環境の代表格。その変換精度や推測変換の使いやすさは、PC USERの読者なら改めて説明することはないだろう。

 2010年に登場した「ATOK Pad for iPhone」は、iPhoneでATOKを使えるとあり非常に注目を集めたアプリだ。アップルの方針からアプリでの提供(ATOK Padで入力した内容をほかのアプリに受け渡す形)にはなるが、英語の予測変換Evernoteとの同期機能など精力的にバージョンアップを重ねており、ATOK Padと連携するアプリも増え続けている(実はATOK Pad初の連携アプリが「ITmediaアプリ」だったりもする)。WindowsやMacでATOKを使っているユーザーの中にはiPhoneでもATOK Padを多用している人がいるはずだ。

 そのATOK Padが「ATOK Pad for iOS」と名前を改め、バージョン 4.0.0で正式にiPadに対応した。具体的には、メイン画面をiPadの広い画面を生かしたレイアウトにし、タグ、メモのタイトルリスト、メモの内容が一覧できるユーザーインタフェースを採用している。最大3ペイン表示になるため、メモの数が膨大になっても階層を行ったり来たりすることがなくなり、目当てのメモをすぐに探し出せる。また、ここで設定したタグはEvernoteのタグと同期するため、適当に書き散らかしたメモを管理するのが楽になった。

og_atokforios_002.pngog_atokforios_003.pngog_atokforios_004.png iPadの画面に最適化したユーザーインタフェースを採用。タグを設定でき、書きためたメモの管理がしやすく、最大3ペインで一覧できるため検索性も高い

 一方、親指入力用の「テンキーボード」を自由に配置できるようになったのもポイントだ。両手用のQWERTYキーボードだと入力する際の姿勢に制限があるが、テンキーボードならiPadを両手で持ち、立った状態でもメモを取ることができる。特にテンキーボードの位置を自由に動かせるようになったことで、ソファに寝そべってテレビを見ながら(腹の上に置いたiPadに)フリック入力で文章を書く、というとても素敵な作業環境が実現する(仕事の効率化という点では疑問だが)。

 実際に試してみたところ、最初はiPadをホールドする右手の近く、つまり画面の右下にキーボードを置いていたのだが、これだとiPadの画面が広いために、かえって入力している文章からキーボードまでの視線移動が大きくなってしまいやや使いづらいと感じた。個人的には、入力している文字の高さに近い位置にテンキーボードを移動すると入力しやすかった。iPadの画面に対してキーサイズが小さめだが、これ以上サイズを大きくするとiPadをホールドしたままでは指が届かなくなるので仕方のないところかもしれない。

og_atokforios_005.pngog_atokforios_006.pngog_atokforios_007.png 親指入力に特化したテンキーボード。自由に位置を変えられる。右下よりも中央寄りのほうが、視線移動が少ないために入力しやすかった。従来同様、テンキーモードでは、フリック入力のほかジャストシステム独自のリボルバーが利用できる

 もう1つ、辞書引き機能に対応したのも目を引く。単なるメモ書き程度であればその段階で単語の意味を正確に調べる必要はあまり感じないが、Bluetoothキーボードを使ってiPadとATOK Padで最終的な原稿にまで仕上げる、といった用途なら重宝しそうだ。ただ、辞書引き機能に対応したことで、ATOK Pad for iOSの対応OSは最新のiOS5になっている。

og_atokforios_008.pngog_atokforios_009.pngog_atokforios_010.png 単語を選択して長押しすると辞書引きできる(画面=左)。デザインテーマはおなじみのATOK Redと、Plywoodの2つ。どちらもシンプルでかっこいい(画面=中央/右)

 以上、iPadに対応したATOK Pad for iOSを駆け足で紹介してきた。ノートPCの代わりにiPadとモバイルキーボードを持ち歩いている人にとって、高度な日本語変換機能を持つATOK PadのiPad対応は朗報だろう。また、以前購入してインストールしたけど使ってなかったという人も、既存ユーザーは無料でバージョンアップできるので、これを機会にもう1度試してみてはいかがだろうか。

ATOK

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.