ニュース
» 2012年07月02日 09時33分 UPDATE

東芝、軽量Ultrabook「dynabook R632」にWeb直販モデルを追加

東芝は、Core i7を搭載したUltrabook「dynabook R632」など2モデルのWeb直販限定モデルを発表した。

[ITmedia]

 東芝はこのほど、WebオリジナルモデルとなるUltrabook「dynabook R632」およびスタンダードノートPC「dynabook Satellite T652」を発表、7月下旬に販売を開始する。

photophoto dynabook R632(左)、dynabook Satellite T652(右)

 dynabook R632/W1UFKは、1366×768ドット表示対応13.3型ワイド液晶を搭載したUltrabook「dynabook R632」のWeb直販モデルで、CPUとしてCore i7-3667U vPro(2GHz)を搭載したほか、メモリを8Gバイト、ストレージを256GバイトSSDに強化しているのが特徴だ。OSはWindows 7 Home Premium 64ビット版を導入。価格はそれぞれ17万4800円から(税込み/以下同様)。


 dynabook Satellite T652は、1366×768ドット表示対応15.6型ワイド液晶を搭載するスタンダードノートPCで、CPUとしてCore i7-3610QM(2.3GHz)を、光学ドライブとしてBDXL対応のBlu-ray Discドライブを標準装備した。

 ラインアップは、4Gバイトメモリ/750GバイトHDDを装備する下位モデルのdynabook Satellite T652/W5TFB、8Gバイトメモリ/750GバイトHDDを装備する中位モデルのdynabook Satellite T652/W5VFB、8Gバイトメモリ/32GバイトSSD+750GバイトHDDを内蔵する上位モデルのdynabook Satellite T652/W5UFBの計3モデルを用意している。OSはいずれもWindows 7 Home Premium 64ビット版。価格はそれぞれ10万9800円から/14万2800円から/14万7800円から。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう