ニュース
» 2012年07月13日 15時00分 UPDATE

2013年度中に全線対応:KDDIら4社、大阪市営地下鉄構内をWi-Fi+WiMAXエリア化──2012年7月より順次

大阪市営地下鉄構内で、公衆無線LANサービスおよびWiMAXのエリア整備が進む。2012年7月17日より順次実施、2013年度中に全路線対応を予定する。

[ITmedia]

 UQコミュニケーションズ、KDDI、ケイ・オプティコム、ワイヤ・アンド・ワイヤレスは7月13日、大阪市営地下鉄駅構内の公衆無線LANおよびWiMAXのエリア整備を協力して行っていくと発表。2012年7月より順次エリア整備を進める。

 エリア整備を行うサービスは、KDDIの「au Wi-Fi SPOT」、ケイ・オプティコムの「eoモバイル Wi-Fiスポット」、ワイヤ・アンド・ワイヤレス「Wi2 300」、UQコミュニケーションズのWiMAX。公衆無線LANは南港ポートタウン線トレードセンター前駅を皮切りに2012年7月17日より順次。WiMAXは四つ橋線本町駅と中央線本町駅から2012年8月27日より順次エリア化し、2013年度中に全路線で対応予定とする。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.