ニュース
» 2012年09月12日 20時00分 UPDATE

DTI、490円/月からの仮想サーバサービス「ServersMan@VPS」を刷新

DTIが、仮想サーバサービス「ServersMan@VPS」のバージョンアップを実施。490円/月で利用できる低廉プランも従来比2倍/512Mバイトのメモリを利用でき、稼働可能なソフトウェアの幅が広がった。

[ITmedia]
photo 保証メモリ量が倍増したServersMan@VPS

 ドリーム・トレイン・インターネット(以下、DTI)は9月12日、低価格で利用できる仮想サーバサービス「ServersMan@VPS」のバージョンアップを行った。

 ServersMan@VPSは、仮想環境でCentOSなどを利用したサーバ機能を利用できるVPS:Virtual Private Serverサービス。数万PV/日程度のアクセスをまかなえる490円/月(Entryプラン)より利用できる低廉なプランを用意する点を特長とし、今回のバージョンアップで、全プラン保証メモリ容量を倍増させた。最も低廉なEntryプランも標準512Mバイト以上に設定し、これまでの256Mバイトでは動作しなかったアプリケーションも動作できるようになるとする。399円/月で512Mバイト分を追加する「メモリ追加オプション」も用意する。

 DTIは、かつてのPCを軸にした“デジタルハブ”、現在主流のクラウドサービスを軸にした“クラウドハブ”の次とする「ユビキタスハブ」の実現を推進するISP(インターネットサービスプロバイダ)として事業を展開。ユビキタスハブ構想は無線LANや3Gデータ通信など、何らかのネットワーク接続機能を持つ機器がインターネット全体をハブとして機能させる利用シーンを想定した、いつでも、何でも、どこでも、ネット接続もできるだけ意識させずインターネットサービス全般を利用できるようにする構想だ。PCやスマートデバイス、AV機器以外に、家電・その他電子機器、あるいは同社の無線LAN機能付きSDメモリーカード型機器「Cloud@SD」などにより既存デジタルカメラなども対象になるとし、これらをアドレス範囲を拡充させたIPv6での運用を想定する。490円/月の低価格3Gデータ通信サービス「ServersMan SIM 3G 100」もユビキタスハブ構想実現のための1手段という考えである。


photophoto SSHを用いたシェル操作のほか、ブラウザベースのUIでも仮想サーバを管理できる。ServersMan@Diskのドライブもマウント可能だ

 ServersMan@VPSは、コンシューマーには家庭内Linuxサーバの代わりに仮想サーバ機能を初期投資なしの低廉価格において利用できるサービスとして、さらにSMB/SOHOの中小規模ビジネスシーンでの活用に向く。OSはCentOS 6.3かDebian GNU、Webサーバやファイルサーバの機能をCUIでのシェル操作ないしWebブラウザ経由で管理できる。同社のクラウドストレージサービス「ServerMan@Disk」との連携活用も行える。

 用意するプランと仕様は以下の通り。

ServersMan@VPS Entryプラン Standardプラン Proプラン
初期費用 0円
月額利用料 490円 980円 1980円
メモリ 旧:256Mバイト→新:512Mバイト 旧:512Mバイト→新:1.2Gバイト 旧:1Gバイト→新:2.4Gバイト
最大メモリ 1Gバイト(1024Mバイト) 2Gバイト(2048Mバイト) 4Gバイト(4096Mバイト)
ストレージ 10Gバイト 30Gバイト 50Gバイト
最低利用期間 なし
OS CentOS 6.3
root権限
IPv6対応
サーバ管理ツール
グローバルIPアドレス 1個 2個 4個
独自ドメイン UbicNameで対応

photophotophoto ServersMan@VPSでもっとも人気のある Entryプラン(バージョンアップ版)の特長
photophotophoto 2011年11月から2012年5月まで「パフォーマンス改善期間」とし、2011年11月ごろより発生したパフォーマンス低下の問題に対処。原因は当時の仮想化ソフトウェア自体のバグだったが、改修版ソフトウェアの導入で現在は安定稼働しているという

 同サービスについて、2011年11月ごろより発生したパフォーマンス低下の課題は、約6カ月かけて徹底した検証とバグ取りを実施。2012年5月21日に実施した改修版仮想化ソフトウェアの導入でほぼ解消し、2012年9月現在は安定稼働していると同社植松聡介COOは述べる。

 「VPSの品質改善にはかなり時間がかかってしまいご迷惑をかけたが、改修版仮想化ソフトウェアにより現在は安定稼働できている。ServersManブランドは、ユーザーニーズに沿った低コストで展開し、下層から市場を崩していく方針で展開する計画。数年前の専用サーバに匹敵するサービスレベルを490円/月で実現するServersMan@VPSとともに、ServersMan@Disk、CloudMail、(IPv6サービスの)Feel6、ServersMan SIM 3Gといったサービス群により、直近は“クラウドハブ”との連携にしっかり対応、さらに“ユビキタスハブ”構想のためのサービスも順次強化すべく、アクセルを踏んでいく」(DTIの植松COO)

photophotophoto “ユビキタスハブ”実現に向けた同社の今後のロードマップを説明するDTIの植松COO

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.