ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  V

  • 関連の記事

「VPS(Virtual Private Server)」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「VPS(Virtual Private Server)」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

理想的なARグラスはまだない? 3Dスキャンアプリを無料で提供する理由は? 米Niantic技術トップに聞く
同社エンジニアリング部門のシニア・バイスプレジデントであるブライアン・マクレンドン氏に話を聞いた。彼はGoogleマップやGoogle Earth、ストリートビューなどの開発をリードした人物であり、この分野では伝説的な人物でもある。(2024/5/7)

「Maru-Jan」のシグナルトーク流マルチクラウド活用術【第5回】
ゲーム開発にAWSもGCPも使うシグナルトークが「コンテナ」に熱く期待する理由
「AWS」「GCP」などのクラウドサービスを利用するシグナルトークが、インフラ技術として次に期待するのが「コンテナ」だ。コンテナをどう生かそうとしているのか。(2023/12/19)

「Maru-Jan」のシグナルトーク流マルチクラウド活用術【第4回】
ゲーム会社がAWSじゃなくGCP「Compute Engine」を“激推し”の訳
ゲームやヘルスケア事業を手掛けるシグナルトークは「AWS」「GCP」といった複数のクラウドサービスを利用している。同社がマルチクラウドで開発を進める理由と、利用して分かったAWSとGCPの違いとは。(2023/12/14)

「Maru-Jan」のシグナルトーク流マルチクラウド活用術【第3回】
ゲーム会社が明かす コスト削減じゃない「クラウド」の意外な効果とは?
シグナルトークはゲームやヘルスケアサービスの開発に「AWS」「GCP」などのクラウドサービスを利用している。同社が実際に活用する中で実感した、クラウドサービスの“意外なメリット”とは何なのか。(2023/12/13)

「Maru-Jan」のシグナルトーク流マルチクラウド活用術【第2回】
クラウドとVPSは何が違う? AWS、GCPを併用するゲーム会社が両者を比較
自社サービスのインフラとして、クラウドサービスとVPSサービスを併用するシグナルトーク。クラウドサービス導入のきっかけとは何なのか。クラウドサービスとVPSサービスの利用を通じて実感した、両者の違いとは。(2023/11/24)

「Maru-Jan」のシグナルトーク流マルチクラウド活用術【第1回】
Maru-Janのシグナルトークが事業拡大に生かす「AWS」「GCP」サービスはこれだ
シグナルトークは自社サービスの開発のために、従来のオンプレミスインフラに加えて「AWS」「GCP」といったクラウドサービスの活用を進めている。同社はゲームの開発にクラウドサービスをどう役立てているのか。(2023/11/22)

第5回 建設・測量生産性向上展:
シミュレーションを超えたFORUM8の建設VR/メタバース活用例
建設の分野でVR活用が進んでいる。しかし、もととなる3Dデータの取得やデータ変換などには機器のコストや作業の時間がかかり、建築や土木分野でのxR活用の妨げとなっていた。(2023/10/2)

約250台のカメラでデジタルツイン構築 人とロボットが協調――累計4000万台超のPCを作り続けてきた「島根富士通」の生産ラインが進化中
「LIFEBOOK」「ESPRIMO」「LOOX」ブランドで知られる富士通クライアントコンピューティング(FCCL)のPCの多くは、島根県出雲市にある「島根富士通」という子会社で生産されている。ここしばらくはノートPCとタブレットPCの生産をメインに据えてきたが、最近はデスクトップPCの生産やPCの修理も手掛けるようになった。どのようにPCが作られていくのか、写真と共にチェックしてみよう。(2023/9/13)

サステナブル設計とデジタルモノづくり(4):
デジタルモノづくりで試作回数を削減し、サステナブルな未来へ踏み出そう
地球環境に配慮したモノづくりの実践はあらゆる企業に課せられた重要なテーマの1つだ。本連載では、サステナブル設計の実現に欠かせないデジタルモノづくりにフォーカスし、活用の方向性や必要な考え方などについて伝授する。連載第4回のテーマは、試作回数の削減に効果を発揮するデジタルモノづくりだ。(2023/9/5)

目当ての魚が釣れたと思ったら、横から大きな魚が現れて…… 衝撃的な光景に「びっくりした」「食物連鎖」【カナダ】
まさかの展開……。(2023/9/3)

スペースインベーダー、現実の街に襲来? AR位置情報ゲームを18日から世界同時配信
タイトーは11日、AR位置情報ゲーム「スペースインベーダー ワールドディフェンス」を18日から世界同時に配信すると発表した。(2023/7/11)

Microsoft、6月初旬のOutlookやOneDriveのアクセス障害はDDoS攻撃の影響と認める
Microsoftは、6月初旬に発生したOutlook、OneDrive、Azure Portalのアクセス障害の原因が、DDoS攻撃だったと認めた。顧客データへの影響はなかったとしている。「Anonymous Sudan」と名乗るグループがTelegramに犯行声明を出した。(2023/6/19)

ARはどこまで現実に溶け込める? ポケモンGOのNianticが手がけたペット育成ゲーム「ペリドット」の挑戦
ARはどこまで現実世界の風景に溶け込めるのか──米Nianticが5月9日から配信する「Peridot」は、現時点でその答えに最も近いスマートフォンゲームかもしれない。(2023/4/25)

川釣りを楽しむ女の子が釣り上げたのは…… 自分よりも大きな魚を釣り上げてびっくり!【米】
すごいのが釣れちゃった。(2023/4/22)

VRニュース:
仮想空間に設備機器を実物大で再現、無線HMDにも対応の製造業向けVRソフト
富士通は製造業向けVRソフトウェア「COLMINA デジタル生産準備 VPS Xphere(クロスフィア)」の最新版であるV1.7について、報道関係者向け体験会を開催した。(2023/3/30)

IT企業デスクツアー:
さくらインターネットで働くみんなのデスク環境、写真でチェック インフラエンジニアの机盛りだくさん
IT企業で働く人のデスク環境を写真や本人のコメント付きで紹介。転職先の雰囲気を把握したい人に向け、ITエンジニアなどさまざまな社員がどんな環境で働いているかチェックする。今回はさくらインターネットで働く人のデスク環境を探る。(2023/3/20)

Webサイト「クラッシュ」7つの原因【第4回】
「何も変更していないのにWebサイトがクラッシュ」 そのときの原因は?
クラウドサービスでWebサイトを運営している場合、何も手を加えていないのにWebサイトのクラッシュが発生することがある。それはなぜなのか。そのとき、まず何をすればいいのか。(2023/3/16)

さくらインターネットのサービスで障害 クラウドなどは復旧、ハウジングは未解決【追記あり】
さくらインターネットの複数サービスで相次いで障害が発生。クラウドサービス「さくらのクラウド」などに影響が出た。いずれも順次復旧しているが、ハウジングなど一部サービスでは問題が続いている。(2023/3/10)

スマートファクトリー:
PR:「工場の今」を瞬時に把握――データドリブンなモノづくりで変化に強い生産体制を構築
デジタル技術の発展とライフスタイルやニーズの急速な変化――“VUCA時代”も相まって製造業を取り巻く環境はここ数年で激変している。顧客要求は多様化し、さらなるコスト削減や品質向上への対応、サプライチェーンの分散化やカーボンニュートラルへの取り組みを含むサステナブルなモノづくりへの変革など、これまで以上に柔軟で堅実な対応力が求められている。今回は、こうした時代の流れを敏感に読み取り、AIをはじめとする先進テクノロジーを効果的に活用してデータドリブンなモノづくりを実践している、富士通フロンテック新潟工場の取り組みをご紹介する。(2023/3/6)

異色のコラボ:
人口815人の村を「AR貞子」が救う? 奈良県・下北山村がだいぶ思い切ったコラボを決めたワケ
奈良県、下北山村が「貞子」とコラボした企画が盛り上がっている。ARをつかった観光アプリを開発し、貞子が村内の名所から出現するという企画だ。下北山村はなぜ貞子とのコラボを決めたのか、担当者に聞いた。(2023/2/2)

2023年に値上げするITサービス・ハード製品まとめ 価格高騰の波いつまで
値上げの続いた2022年。年内で一区切り……というわけでもなく、2023年にも価格引き上げが控えている。本記事では2023年にITサービス・ハードウェアを値上げする4社の情報をまとめる。(2022/12/29)

お名前.com値上げ、ドメイン登録やレンタルサーバなど 現行料金に10〜20%の「サービス維持費」加算
「お名前.com」ブランドのドメイン登録サービスやレンタルサーバが値上げに。2023年2月以降の請求分に「サービス維持調整費」を加算。現行の月額料金(税別)から10〜20%程度の値上げになる。(2022/12/27)

実録、知られざる攻撃者の世界:
詐欺師らはいかにしてクレジットカード情報を窃取し、現金化するのか?
中国のフィッシング詐欺グループは、一体どのようにして検出を回避し、盗んだクレジットカード情報を現金化するのか。リサーチャーのストロベリー・ドーナツ氏がその非常に巧妙な手口を赤裸々に語った。(2022/12/20)

Snapdragon Summit 2022:
Qualcommが“ARグラス専用プロセッサ”を開発した理由 スマホ連携がカギに
Qualcommが、ARグラスに特化した専用プロセッサ「Snapdragon AR2 Gen 1」を発表した。XR向けのデバイスはスタンドアロン型ではなく、スマホなどのデバイスと連携するローカルホスト型を採用。AR対応アプリやコンテンツの動作を保証するプラットフォーム「Snapdragon Spaces」も推進していく。(2022/11/25)

ポケモンGOのNiantic、ARグラスのリファレンスデザイン公開 Qualcommの最新チップ搭載
米Nianticは16日(米国時間)、米Qualcommの新チップを搭載した屋外用ARグラスのリファレンスデザインを公開した。(2022/11/17)

CEATEC 2022:
VRを技能継承や工程最適化に活用、富士通が描く未来工場
富士通は「CEATEC 2022」において、VR(仮想現実)やAR(拡張現実)を活用した3D(3次元)の未来工場などをアピールした。(2022/10/24)

NVIDIA A100をリーズナブルな月額固定で占有可能:
PR:クラウドの「重課金リスク」からユーザーを解放する、新しいGPUサービス
利用シーンの拡大により、需要がますます高まるGPUクラウド。少ない初期投資で、手軽かつ迅速に高性能なGPUを利用できる半面、計算量や利用時間に比例して右肩上がりに膨らんでしまうサービス利用コストは多くのユーザーにとって頭の痛い問題だ。研究・開発計画に大きな影響を及ぼしかねないこのコスト問題、どうすれば解決できるのだろうか。(2022/10/18)

沢村一樹の息子・野村康太、バスケ強豪校時代のユニフォーム姿披露 「この頃からイケメンオーラ全開」
俳優デビュー目前。(2022/7/23)

PR:「この世界にARの魔法をかける」 Nianticが開発者と共に歩む未来 次世代のAR技術「Lightship VPS」の役割は?
(2022/7/22)

沢村一樹の息子・野村康太、フレッシュな初取材ショット 「母と弟にインタビューの練習を手伝ってもらいました」
口元がパパ似。(2022/7/8)

テルえもんの3Dモノづくり相談所(12):
【総まとめ】3Dモノづくりで絶対に押さえておきたい重要ポイント
連載「テルえもんの3Dモノづくり相談所」では、3Dモノづくりを実践する上で直面する“よくある課題”にフォーカスし、その解決策や必要な考え方などについて、筆者の経験や知見を基に詳しく解説する。最終回となる第12回は、過去11回にわたってお届けしてきた内容から“重要ポイント”を抽出し、【総まとめ】とする。(2022/6/13)

「バーチャルPayPayドーム」で野球観戦 スマホ×メタバースの可能性と課題
ソフトバンクと福岡ソフトバンクホークスは、スマホとメタバース/ARを活用した新たな野球観戦サービスを開発。5月27日より提供を開始した。福岡PayPayドームからレポートする。(2022/6/2)

「PayPayドーム」がメタバース化 「ジェット風船」飛ばしや投球のリアルタイム解析も
 ソフトバンクと福岡ソフトバンクホークスは5月25日、福岡PayPayドームのメタバース化で協業すると発表した。5月27日より「バーチャル PayPay ドーム」や、来場者にAR(拡張現実)を活用した新たな体験の提供を行う。(2022/5/26)

テルえもんの3Dモノづくり相談所(9):
3Dデータを他部門にも共有して全社でうまく活用したい……
連載「テルえもんの3Dモノづくり相談所」では、3Dモノづくりを実践する上で直面する“よくある課題”にフォーカスし、その解決策や必要な考え方などについて、筆者の経験や知見を基に詳しく解説する。第9回のテーマは「3Dデータの共有/活用」についてだ。(2022/3/2)

さくらインターネットの一部サービスで障害 影響範囲と内容は調査中【復旧済み】
さくらのレンタルサーバとクラウドの一部に障害が発生している。さくらインターネットは午前11時4分時点で、障害の影響範囲と内容は調査中と説明している。(2022/1/17)

アイスホッケー練習中の1歳男の子、ゴールをつかんだ次の瞬間! ナナメ上な方法でゴールを決める姿がワイルド
その手があったか……!(2021/12/13)

男の子がボーリングに挑戦するも、球と一緒にレーンへころり! かわいすぎる転倒にママも大笑い
かわいさが胸にストライク!(2021/11/6)

展示物にスマホかざすと説明文やCG合成 凸版、博物館ガイドシステム発売
博物館の展示物にスマホをかざすだけで、解説文やCG映像などを重ね合わせて表示できる「博物館ガイドシステム」を凸版が開発。(2021/10/26)

GIS:
「PLATEAU」が新たな実証4件を開始、デジタルツインで自動運転や工事車両シミュレーションなど諸課題を解決
国土交通省が進めているフィジカル空間の都市をサイバー空間に3次元で再現する都市空間情報プラットフォーム「Project PLATEAU」は、2021年度の新たな実証実験として、社会的要請も高い自動運転やカーボンニュートラルの新テーマに加え、エリアマネジメントの可視化や工事車両の搬入経路シミュレーターといった合計4件のプロジェクトを選定した。(2021/9/18)

服飾デザインに“バーチャルヒューマン”活用 KDDIがアパレル業界のDX支援 スマートグラスでファッションショーも
KDDIとKDDI総合研究所がアパレル業界のDX支援を始める。バーチャルヒューマンやスマートグラスを使い、商品企画やデザイン時のサンプル制作を効率化。資源を最小に抑えたモノづくりに貢献するという。(2021/9/10)

製造ITニュース:
生産準備業務のデジタル化支援ツールの最新版を発売
富士通は、デジタルプロセスが開発した、製造業向けの生産準備業務デジタル化支援ツール「FUJITSU Manufacturing Industry Solution COLMINA デジタル生産準備 VPS」シリーズの最新版を発売した。(2021/7/12)

初めての“ドデカい”釣果! 6歳の男の子が身長と同じ大きさの魚を釣った動画におどろき
大きさにびっくり。(2021/5/24)

仮想化、VDI、HPCなどの性能とコストの問題を一掃:
PR:インフラを変え、ビジネスを変えるAMDの「第3世代EPYC」プロセッサ、その実力は?
ハイパフォーマンスとコスト効率で2019年の発表以来、多くの企業で採用されてきたAMDのサーバCPU「第2世代EPYC(エピック)」。2021年3月、「第3世代EPYC」が発表され、さらなる進化に注目が集まっている。では、具体的にどのような成果が期待できるのか。日本AMDの中村正澄氏とデル・テクノロジーズの岡野家和氏に話を聞いた。(2021/3/22)

「VPS」と「VPC」の違い【後編】
いまさら聞けない「VPC」(仮想プライベートクラウド)とは 普通のVMとの違い
「VPC」とはどのようなクラウドサービスなのか。VPCを利用するメリットと注意点とは。一般的なパブリッククラウドの仮想マシンサービスとの違いを交えて解説する。(2021/3/19)

PR:中小企業のテレワークや個人事業主を支援 「低コストで使えるリモートデスクトップ」が生まれた背景は
中小企業のDXが必要とされる一方、IT環境の刷新や構築に必要なコストや人手といったリソース不足も課題として挙がっている。そんな中、最小規模の場合1430円で構築できるWindowsリモートデスクトップサービスを発表した国内ベンダーがある。同社が語る工夫とサービスの背景とは。(2021/3/18)

AWSチートシート:
EC2よりシンプルな料金体系の「Amazon Lightsail」で仮想プライベートサーバを立てる
「Amazon Web Services」(AWS)活用における便利な小技を簡潔に紹介する連載「AWSチートシート」。今回は、「Amazon Lightsail」で仮想プライベートサーバを立てる方法について。(2021/3/15)

「VPS」と「VPC」の違い【前編】
いまさら聞けない「VPS」(仮想プライベートサーバ)とは 利点と注意点を整理
「VPS」と「VPC」は何が違うのか。まずは両者の簡単な違いを整理した上で、VPSの特徴や注意点を解説しよう。(2021/3/12)

「リモートワークを低価格で構築したい」ニーズに対応:
Windowsリモートデスクトップ「国内最安値」実現へ NTTPCの新サービスを支える3つのポイントとは
リモート環境から働く動きが広がる中「国内最安値」を掲げるWindowsリモートデスクトップ環境の構築サービスをNTTPCが発表した。開発環境向けサービスとして始まった背景を持ち、高い性能と低価格を実現するという、その内容とは。(2020/12/3)

電子ブックレット(製造マネジメント):
IBMの量子コンピュータ計画/マクニカがAI活用を容易にする
MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は2020年7月から9月にかけて掲載された、IBMによる量子コンピュータのビジネス化計画を紹介した記事など、注目の製造業向けITニュースをまとめた「製造ITニュースまとめ(2020年7〜9月)」をお送りします。(2020/10/12)

高性能高密度のサーバを実現するには:
PR:AMDの多コアサーバCPU「第2世代EPYC」が、GMOインターネットのサービスに直結する理由
AMDが2019年8月に発表したサーバCPU「第2世代EPYC」の採用が相次いでいる。その一社がGMOインターネットだ。同社はクラウド/VPSサービスにおいて、第2世代EPYC搭載サーバの導入を拡大中だ。なぜ採用に至り、どのような効果があったのか。(2020/9/29)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。