ニュース
» 2012年09月26日 20時00分 UPDATE

法皇さまはAX2にご満足のようです:パナソニック、Let'snote AX2の“ハイブリッド・モバイル”を訴求する (1/2)

「Let'snoteじゃないみたい」と、いささか失礼な声も上がるほどの衝撃を関係者に与えたLet'snote AX2。その製品にこめた意図をパナソニックが説明した。

[長浜和也,ITmedia]

これまでのLet'snoteと基本コンセプトは変わらない!

kn_ax2evnt_23.jpg 2012年1月に「Ultrabookに乞うご期待」と発言したパナソニックAVCネットワーク社ITプロダクツビスネスユニットユニット長の原田秀昭氏

 パナソニックは、9月26日に発表した「Let'snote AX2」の製品説明会を同日東京で行った。説明会では、Let'snote AX2の開発目的と利用シーンを問わない利便性の訴求に加えて、イメージキャラクターの松田翔太さんを紹介した。

 これまで、Let'snoteシリーズは、高性能と長時間のバッテリー駆動、そして軽量で堅牢性という要素を重視し、そのために、TDP35ワットクラスのCPUを採用し、その効率的な冷却と100キロ加圧重の振動試験と動作時76センチ落下試験に代表する工場出荷時テストをクリアするために、競合製品と比べて“厚い”ボディを採用してきた。

 しかし、Let'snote AX2は、18ミリというこれまでのLet'snoteでは考えられない薄いボディを実現し、そのために、TDP17ワットクラスのCPUを搭載した。高性能と堅牢性というLet'snoteで重要なコンセプトは変化してしまったのだろうか。

 パナソニックAVCネットワーク社ITプロダクツビスネスユニットユニット長の原田秀昭氏は、Let'snote AX2でも、これまでの基本コンセプトは変えないと断言する。11.6型液晶ディスプレイ搭載コンバーチブルPCでは世界最軽量で、18ミリのボディでも頑丈で第3世代Coreプロセッサー・ファミリーのCPUの搭載や、本体に有線LANや映像出力インタフェースを標準で搭載するなど、高い基本性能は維持していると主張する。

 原田氏は、その上で変化するユーザーの要望に合わせて、急速に増えているタブレットデバイスとノートPCの2台持ちユーザーの不満を解消すべく、“クリエイティブワークに活用するノートPC”と“ビューアワークに優れたタブレットデバイス”をビジネスユーザーの最適な形にした結果、UltrabookとタブレットPCに素早く切り替えられる「ハイブリッドモバイル」スタイルを採用したLet'snote AX2を開発したと説明する。

これまでのコンバーチブルとはここが違う!

 ユーザーのモバイルコンピューティング利用場面として想定する「オフィス」「移動中の休憩時間」といった座っているシーンで使うクラムシェルスタイルと、「通勤時間」「プレゼンテーション」で便利なスレートスタイルを選んで使えるコンバーチブルの利便性を訴求するが、パナソニックは、Let'snote AX2がそれまでのコンバーチブルPCとは違い、「11.6型液晶ディスプレイ搭載コンバーチブルPCで世界最軽量」「薄型と頑丈性能の両立」「Ultrabookでバッテリーのホットスワップ交換が可能」であることを製品のコンセプトとして掲げる。

kn_ax2evnt_01.jpgkn_ax2evnt_02.jpgkn_ax2evnt_03.jpg パナソニックがLet'snote AX2の特徴として掲げる「ハイブリッド・モバイル」は(写真=左)、ユーザーのあらゆるモバイルシーンでクラムシェルスタイル、スレートスタイルを簡単に使い分けられることを表す(写真=中央)。これまでのコンバーチブル、そして、Ultrabookとの違いとして「世界最軽量」「薄型化と堅牢性」「バッテリーのホットスワップ交換対応」を掲げて製品のコンセプトとした(写真=右)

 このコンセプトの実現は、軽量、放熱、セキュリティ、ワイヤレス接続、堅牢性、そして、長時間のバッテリー駆動と高い処理性能がコア技術として必要になるが、パナソニックは、これらをインテルやマイクロソフトといったパートナー企業との連携や、自社で開発した独自技術でそろえていることを訴求する。

 Let'snote AX2では、この軽量化のために、コンバーチブルで必要な液晶ディスプレイのギミックで、そのまま底面まで開くシンプルな構造の2軸ヒンジを採用するとともに、タッチパネルを内蔵した液晶ディスプレイの表面を覆う強化ガラスは厚さ0.5ミリの薄いタイプを採用した。また、天板のボンネット構造も凸部の高さを0.5ミリに抑えてパネルも薄くしながらも、内側に階段状の段差を設けて手前から奥の方向に蛇行することで面強度を確保している。ボディパネルでは、Let'snoteで初めて採用する「ボンディング構造という、マグネシウムのベースにアルミニウムのプレートを重ねる2層構造で薄型化を強度確保を可能にした。

 このような、強度確保の工夫によって、18ミリという薄いボディのLet'snote AX2も、従来のLet'snoteシリーズと同様の耐衝撃に関する工場出荷テストをクリアする堅牢性を実現したという。

kn_ax2evnt_04.jpgkn_ax2evnt_05.jpgkn_ax2evnt_06.jpg 軽量化のため、コンバーチブルで複雑になりやすいヒンジはシンプルなダブルヒンジを採用し、強化ガラスも0.5ミリと薄くした(写真=左)。ボンネット構造も凸部の高さを0.5ミリに抑え、内部に階段状の段差を蛇行して設けた(写真=中央)。ボディパネルは、マグネシウムのベースにアルミニウムのカバーパネルを重ねるボンディング構造をLet'snoteで初めて採用した(写真=右)

kn_ax2evnt_10.jpgkn_ax2evnt_11.jpgkn_ax2evnt_12.jpg 発表会会場には、多数のLet'snote AX2展示機材を用意して来場者が実際に本体のサイズや重さ、そして、OSとして導入したWindows 8の操作にクラムシェルスタイルとスレートスタイルの形状変換を試した(写真=左)。また、システムボードや(写真=中央)ボンネット天板の裏側に設けた階段状の段差を確認できる分解サンプルも展示した(写真=右)

kn_ax2evnt_16.jpgkn_ax2evnt_17.jpgkn_ax2evnt_18.jpg 18ミリの薄いボディといえどLet'snote発表会で定番の耐久性デモはLet'snote AX2でも欠かさない。美女が踏んでも(写真=左)、落としても(写真=中央)、はい、大丈夫(写真=右)

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう