ニュース
» 2012年10月22日 14時37分 UPDATE

古田雄介のアキバPickUp!:「ここまで来たら盛り上がるしかないでしょう」――アキバは8発売直前の空気感 (1/4)

10月26日0時のWindows 8発売解禁に向けて、深夜販売イベントの詳細や各ショップの特典が明らかになっていくアキバ。パーツの売れ方にも変化あり?

[古田雄介(ぜせ)&ITmediaアキバ取材,ITmedia]

Windows 8の深夜販売はWindows 7を超えるレベル?

og_akibar_001.jpg DSP版Windows 8と同Proのサンプルパッケージ

 マイクロソフトの次世代OS「Windows 8」が発売される10月26日に向けて、各ショップにさまざまなポスターやPOP、宣伝素材などが見られるようになった。DSP版の通常パッケージケースのほか、自作応援キャラクター「窓辺ゆう/あい」をあしらったWindows 8 Proの限定バージョンの外箱も多数出回り、そこかしこに「8」の文字が躍るようになっている。

 ユーザーの反響も上々のようで、合計888本限定生産のWindows 8 Pro「秋葉原リミテッドエディション」はすでに入荷分の予約が埋まったショップもいくつかあった。そのうちの1つ、TSUKUMO eX.は「ゆう版もあい版も拮抗してよく売れていますね。売れ方としては理想的といえます」と喜ぶ。

og_akibar_002.jpg 秋葉原リミテッドエディションのサンプルパッケージ

 そして、26日(金)0時発売にあわせた25日夜からの深夜販売イベントにも、すでに複数のショップが名乗りを挙げている。TSUKUMO eX.やパソコンショップ・アーク、ZOA秋葉原本店、マウスコンピューター秋葉原ダイレクトショップのほか、ドスパラ系列(パーツ館、秋葉原本店)とユニットコム系列(ツートップ秋葉原本店、フェイス秋葉原本店、PC DIY SHOP FreeT、パソコン工房秋葉原店)、ソフマップ系列(秋葉原本館、秋葉原リユース総合館)など、複数の系列店で参加するところも目立つ。

 加えて、ベルサール秋葉原では21時からWindows 7 Mania 事務局主催の総合イベント「DSP版Windows 8発売記念 前夜祭」が開かれる予定だ。自作PC系雑誌の編集長によるセッションや、テクニカルライターの高橋敏也氏と窓辺ゆう/あいの声を担当する西明日香氏/田村奈央氏のトークコーナーなどで盛り上げる。

 Windows 7の深夜販売イベントには1000人を超えるユーザーが集まり、予想以上の反響から「10年に1度クラスのお祭り」といったコメントも聞いた。今回は現時点で当時を超える参加ショップがあり、期待値の高さを伺わせている。

 ソフマップ秋葉原本館は「Windows 8は目新しい機能がたくさんありますし、自作の観点からもマルチディスプレイの設定が細かくできたり、複数ストレージの管理の幅が広がるなど、魅力的なポイントも多いです。なんだかんだで気になっている人は多いと思いますよ」と話していた。

 また、別のショップは「グラフィックスカードでも深夜販売イベントが実施されるほど、自作関連で盛り上がるネタを街全体で欲しているところもあります。Windows 8は今年の自作ネタで間違いなく一番なので、期待値はものすごくあります。参加ショップの多さはそれを反映していると思いますよ」と内情を明かす。10月25日夜からのイベントの様子も、追ってリポートしたい。

og_akibar_003.jpgog_akibar_004.jpgog_akibar_005.jpg PC DIY SHOP FreeTの深夜販売POP。Windows 7も並行して売られている(写真=左)。PC DIY SHOP FreeTに並んだ、窓辺ゆうとあいが喜怒哀楽を表現したマグカップ。8購入者にプレゼントするという。店舗ごとにこうした特典を用意している(写真=中央)。2009年10月21日夜から22日0時過ぎまで実施された、Windows 7深夜販売の様子。今回はこの盛り上がるを超えるか……?(写真=右)

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう