ニュース
» 2013年02月27日 13時30分 UPDATE

マルチデバイス対応を推進:日本マイクロソフト、企業向けクラウドサービス「Office 365」最新版を提供開始

日本マイクロソフトは、企業向けOfficeクラウドサービス「Office 365」の最新版をリリースした。マルチデバイスでの利用に対応し、アプリケーションのストリーミング配信や新しいライセンス体系を採用している。

[池田憲弘,ITmedia]
photo Office 365のWebページ。同日午後4時に最新版についての情報を記載するという

 日本マイクロソフトは2月27日、企業向けクラウドサービス「Office 365」最新版の提供を開始した。Office 365はMicrosoft Officeの各アプリケーションや電子メール、ドキュメント管理、オンライン会議などのグループウェア機能(Exchange Online、SharePoint Online、Lync Online)を提供するクラウドサービス。

 最新版では、PC、タブレットといった多様なデバイスでの利用シーンに対応し、サブスクリプション版のOfficeアプリケーション「Office 365 ProPlus」を追加した。クラウド上から各アプリケーション(Word/Excel/PowerPoint/OneNote/Outlook/Publisher/Access/Lync/InfoPath)をインストールでき、1ユーザーあたり5デバイスで利用可能だ。

 このほか、企業向けソーシャルクラウドサービスYammerの利用権や、ビジネス用作図ソフト「Visio」、プロジェクト管理支援ソフト「Project」もOffice 365のラインアップに追加した。各エディション構成の一例は以下の通り。「Office 365 Small Business」はIT担当者のいない従業員10名までの小規模企業、「Office 365 Midsize Business」は従業員250名までの中堅企業に向けたサービスで、「Office 365 Enterprise」は従業員人数の制限はない。

新しいOffice 365の価格例
エディション 最大ユーザー数 価格(1ユーザー/月)
Office 365 Small Business Premium 10ユーザー 1030円
Office 365 Midsize Business 250ユーザー 1230円
Office 365 Enterprise 無制限 1800円

※すべてOffice 365 ProPlus、Exchange Online、SharePoint Online、Lync Onlineを利用可能なパッケージ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.