ニュース
» 2013年04月22日 15時45分 UPDATE

2013年4月出荷分から対応:EIZO、27型カラーマネジメント液晶ディスプレイ「ColorEdge CG276」に4K×2Kの縮小表示機能を追加

EIZOの27型カラーマネジメント液晶ディスプレイ「ColorEdge CG276」は、2013年4月生産分から4K×2Kの高解像度信号入力に対応。2560×1440ドットの液晶パネルに縮小表示が可能になる。

[ITmedia]
tm_1304cg276_01.jpg 「ColorEdge CG276」は、キャリブレーションセンサーを内蔵した27型カラーマネジメント液晶ディスプレイ

 EIZOは4月22日、27型カラーマネジメント液晶ディスプレイ「ColorEdge CG276」に、4K×2K解像度信号の簡易表示機能を追加すると発表した。2013年4月生産分から、この機能が追加される。

 ColorEdge CG276は、2560×1440ドット表示の27型ワイド液晶パネルを搭載したカラーマネジメント対応ディスプレイ。今回の追加機能により、DisplayPortから入力された4096×2160ドットおよび3840×2160ドットの高解像度信号(フレームレートは30p、25p、24p)を画面に縮小表示することが可能になる。現時点で対応GPUは、AMD FirePro W5000/V4900、AMD Radeon HD 6850、対応OSはWindowsのみだ。

 EIZOによれば、テレビ番組や映画の制作現場では、4K×2K解像度のコンテンツ制作機材が普及しつつあるが、同解像度の表示が可能なディスプレイは少ないため、ColorEdge CG276に簡易表示機能を追加して対応するという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.