ニュース
» 2013年06月13日 17時45分 UPDATE

7月14日までの1カ月:「iPadの値上げで“今”だと思った」――「Surface RT」を期間限定で1万円引きに

マイクロソフトが「Surface RT」の値下げを実施すると発表した。夏商戦に合わせ、1カ月限定で1万円引きにする。5月下旬にアップルがiPadを値上げしたことを受け、値下げを決めたという。

[池田憲弘,ITmedia]

「Surface RT」が3万円台で買えるように

photo 日本マイクロソフトは「Surface RT」の価格改定に関する記者発表会を行った

 日本マイクロソフトは6月13日、Windowsタブレット「Surface RT」を1万円値下げすると発表した。期間は2013年6月14日から2013年7月14日まで。期間終了後も値下げを続行する可能性については「もちろん可能性はあるが未定。お客様の反応を見て考える」(日本マイクロソフト代表執行役社長 樋口泰行氏)としている。

 この値下げにより、Surface RTの32Gバイトモデルは3万9800円に、64Gバイトモデルは4万7800円(いずれも直販サイト“Microsoft Store”の価格、税込み)となる。薄型キーボードカバー「Touch Cover」とのセットモデルにも値下げは適用される。

Surface RTの価格改定
製品 改定前 改定後(2013年7月14日まで)
32Gバイトモデル 4万9800円 3万9800円
64Gバイトモデル 5万7800円 4万7800円
32Gバイトモデル+Touch Cover(ブラック) 5万7800円 4万7800円
64Gバイトモデル+Touch Cover(ブラック) 6万5800円 5万5800円

 Surface RTはARM版のWindows 8である「Windows RT」を搭載したタブレット。1366×768ドット表示の10.6型ワイド液晶ディスプレイ(IPS方式/5点マルチタッチ対応)を搭載し、CPUはNVIDIA Tegra 3、メモリ容量が2Gバイト、ストレージはが32GバイトSSDもしくは64GバイトSSDとなる。利用可能なアプリは、Windows RT対応のWindowsストアアプリに限られるが、Office 2013 RT(Word、Excel、PowerPoint、OneNote)をプリインストールしている。同製品は2013年3月15日に発売。発売から約3ヶ月での値下げとなった。

値下げは“チャレンジャー”としての戦略

photo Surface RTとSurface Pro。どちらも売り上げは好調だという。両製品がそろった今、攻勢をかける準備が整ったと判断したようだ

 国内主要メーカーが円安の影響でPCの価格を上げるなか、1万円の値下げに踏み切った日本マイクロソフト。この施策は夏のボーナス商戦に合わせた日本独自のものだという。

 記者会見では、同社代表執行役社長の樋口泰行氏が値下げの背景について「Surface RTの売り上げは我々の予想より上回っており好調だ。日本は諸外国と比べてもSurface RTの販売数は多い。しかし、タブレットでは後発である我々はチャレンジャーの立場だ。チャレンジャーにはチャレンジャーの戦略がある。値下げにより多くの人にSurface RTの魅力を広めていきたい」と述べた。

 同社はSurface RTの販売台数を公表していないが、樋口氏は「通常ガジェット系の製品は発売直後に売り上げが伸び、その後減っていく傾向にあるが、Surface RTは発売して3カ月が経った今でも売り上げはさほど落ち込んでいない。これはSurface RTを使ったユーザーが製品の魅力に気付き、その価値を広めてくれているからだろう」とアピール。多くの家電量販店でSurface RT(とSurface Pro)が広いスペースで陳列されていることも、好調である証拠だとする。樋口氏はSurface Proについても「予約期間がSurface RTの半分であるにも関わらず、売り上げは2倍以上だった」と売れ行きのよさをアピールした。

iPadの値上げを受け、急きょ値下げを決定

photo 発表会ではiPadとSurface RTの価格差を強調。ここまで直接的にアップルを意識したプレゼンをしたのは樋口氏も初めてだという

 値下げの決め手となったのは、2013年5月末にアップルが行ったiPadの価格改定だという。「iPad mini」や「iPad Retinaディスプレイモデル」が4000円から1万3000円値上げしたことを受け、キャンペーンで攻勢をかけようと決断した。

 樋口氏は「為替レートによって値段が上下するのは、あまりユーザーにとって受け入れられない変化なのではないか」と指摘。その上で「今後はWindows 8.1の提供もある。あくまでユーザーの利益になるような施策を実施していく」とアピールした。

 現在のところ、Surface Proの値下げは考えていないという。あくまでSurface RTをiPadのライバルとして拡販したい考えだ。「予想より売り上げはいいものの、社運をかけたデバイスと考えればまだまだ。このキャンペーンによって今の2倍、3倍と売っていきたい」(樋口氏)。同氏はSurface Proの発表会でも「ライバルに勝つことを考えればSurface RTが売れてほしい」と述べていた。

 発表会のプレゼンではiPadとの価格差を強調するなど、これまでになくアップルに対抗する姿勢を強く打ち出した。キャンペーンの特設ページでも“iPad miniより安い”というキャッチを全面に押し出している。樋口氏は「あくまでも競合はiPad。タブレットでもOfficeが使えコンテンツ作成に対応するという、新たな価値を提案することが大事。もちろんWindows RTやWindows 8の普及にもつながること」と強調した。

photo キャンペーン特設ページ。“iPad miniより安い”というキャッチを全面に押し出している

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.