ニュース
» 2013年08月01日 15時01分 UPDATE

マウスコンピューター、GeForce GTX 760M/17.3型フルHD搭載で約11万円からのハイスペックノート

マウスコンピューターは、第4世代Core i7プロセッサを採用した17.3型フルHD液晶ディスプレイ搭載ハイスペックノートPC「m-Book W」シリーズを発表した。

[ITmedia]

 マウスコンピューターは8月1日、第4世代Core i7プロセッサを採用した17.3型フルHD液晶ディスプレイ搭載ハイスペックノートPC「m-Book W」シリーズを発表、本日より受注を開始する。価格は下位構成の「MB-W700B」が10万9830円、中位構成の「MB-W700S-SH」が12万9990円、上位構成の「MB-W700X-SH」が15万9600円(いずれも税込み)。

photophoto m-Book Wシリーズ

 3製品はいずれも、1920×1080ドット表示対応の非光沢17.3型ワイド液晶ディスプレイを内蔵したノートPCで、グラフィックスコアとしてGeForce GTX 760M/2Gバイトを搭載したハイスペック仕様となっている(NVIDIA Optimus テクノロジにも対応)。サウンド再生面では、Creative製の「Sound Blaster Cinema」を採用した。またBTOカスタマイズによりIEEE802.11ac(Draft)の対応も可能だ。

 下位モデルのMB-W700Bは、CPUとしてCore i7-4700MQ(2.4GHz)、メモリが8Gバイト、HDDが1Tバイト、光学ドライブがDVDドライブを装備した。OSはWindows 8 64ビット版だ。

 中位モデルのMB-W700S-SHは、下位モデルをベースにメモリを16Gバイト、ストレージを128GバイトSSD+1TバイトHDD、光学ドライブはBlu-ray Discドライブに変更している。

 上位モデルのMB-W700S-SHは、CPUをCore i7-4800MQ(2.7GHz)にグレードアップ。メモリは24Gバイト、ストレージは128GバイトSSD+1TバイトHDD、光学ドライブはBlu-ray Discドライブを装備したほか、OSもWindows 8 Proとしている。

icon

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう