ニュース
» 2013年08月28日 13時30分 UPDATE

日本HP、Xeon E3搭載のエントリーWS「Z230」シリーズを発表

日本ヒューレット・パッカードは、Xeon E3を標準搭載したスリム/ミニタワー型WS「HP Z230 SFF Workstation」「HP Z230 Workstation」を発売する。

[ITmedia]

 日本ヒューレット・パッカードは8月28日、Xeon E3を標準搭載したスリム/ミニタワー型WS「HP Z230 SFF Workstation」「HP Z230 Workstation」を発表、9月5日より順次販売を開始する。同社直販「HP Directplus」販売価格はHP Z230 Workstationが13万9860円から、HP Z230 SFF Workstationが14万9940円から(ともに税込み)。

photophoto HP Z230 SFF Workstation(左)、HP Z230 Workstation(右)

 2製品はそれぞれスリム筐体/ミニタワー筐体を採用したデスクトップワークステーションで、ともにCPUとしてXeon E3-1200v3ファミリーの搭載をサポートした。またミドルタワーモデルのHP Z230 SFF WorkstationはFirePro V3900またはQuadro 410の2枚構成にも対応しており、3Dアプリケーションの利用を想定した4画面表示も可能となっている。また高効率タイプの電源ユニットを搭載したことで、低TCOを実現しているのも特徴だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.