ニュース
» 2013年10月08日 13時30分 UPDATE

2013年PC秋冬モデル:第4世代Core搭載で“9.9ミリ厚”の11.6型Windows 8タブレット――「VAIO Tap 11」

9月に海外発表されたVAIOのWindows 8タブレット「VAIO Tap 11」が日本でも登場。第4世代Core搭載で薄型軽量、専用のワイヤレスキーボード、ペン入力機能が大きな特徴だ。

[ITmedia]

専用ワイヤレスキーボードが付属する“Haswell”搭載タブレット

tm_1310tap11_01.jpg 11.6型Windows 8タブレット「VAIO Tap 11」

 ソニーは10月8日、11.6型Windows 8タブレット「VAIO Tap 11」を発表した。店頭販売向け標準仕様モデルは「SVT11218DJB」の1モデルを用意し、2013年11月16日に発売する。価格はオープン、実売価格は17万円前後の見込みだ。

 ・→最新タブレット速攻レビュー:「VAIO Tap 11」――ソニー入魂の“Haswellで9.9ミリ厚”Windowsタブレットは買いか?

 ・→VAIO Tap 11をもっと知りたい(使い勝手編):「VAIO Tap 11」のペン入力、画質、音質をじっくりチェックする

 ・→VAIO Tap 11をもっと知りたい(性能検証編):「VAIO Tap 11」の直販ハイエンド構成と店頭モデルを徹底比較する

 VAIO Tap 11は、ソニー初の液晶ディスプレイ着脱式コンバーチブルPC。第4世代Core搭載機で最薄となる9.9ミリ厚のボディを実現し、非使用時に磁力で吸着して画面をカバーできるワイヤレスキーボードが付属する。タブレットの裏面に収納されたスタンドは115〜130度にチルト角度を無段階で調整でき、ワイヤレスキーボードと組み合わせて使えば、クラムシェル型ノートPCと同じ感覚で利用可能だ。

 筆圧対応のデジタイザスタイラス(VAIO Duo 13と同じもの)も付属し、本体に装着するフックに差して持ち運べる(ペンを外すと復帰するペンウェイクには非対応)。ペン入力関連のアプリとしては、撮影した画像を簡単に台形補正してスキャナのようにデータ化できる「CamScanner」、写真やWebページをペン操作で切り取って加工できる「VAIO Clip」、手書きメモを作成・管理できる「VAIO Paper」を用意する。ソニーはこれらの編集アプリを「VAIO Inspiration Suite」と総称し、今後もアップデートで機能を拡充していく方針だ。

tm_1310tap11_02.jpgtm_1310tap11_03.jpg タブレット本体の背面には、無段階でチルト角度が調整できるスタンドを内蔵している(写真=左)。ワイヤレスキーボードは4隅に磁石を内蔵し、使わないときは液晶ディスプレイ面にぴったり吸着し、保護カバーとなる(写真=右)

 店頭モデル「SVT11218DJB」はCore i5-4210Y(1.5GHz/最大1.9GHz)、4Gバイトメモリ(DDR3L/デュアルチャンネル)、128GバイトのSerial ATA 6Gbps SSDを搭載。液晶ディスプレイは、1920×1080ドット(フルHD)の11.6型ワイドIPSパネルを採用する。色域を広げる「トリルミナスディスプレイ for mobile」、光の反射を抑えつつペン入力の視差を縮める「オプティコントラストパネル」、超解像技術を含む高画質化エンジン「X-Reality for mobile」も備えている。

 通信機能はIEEE802.11a/b/g/nの無線LAN、Bluetooth 4.0+HS、NFCを内蔵。microSDメモリーカードスロット、Micro HDMI出力、USB 3.0(電源オフ給電対応)、ヘッドフォン出力、ステレオスピーカー、デュアルマイク、有効画素数92万画素のインカメラ("Exmor R for PC" CMOSセンサー)、有効画素数799万画素のアウトカメラ("Exmor RS for PC" CMOSセンサー)も搭載する。赤外線ポートも内蔵し、タブレット本体がテレビリモコン代わりになる「VAIOリモコン」アプリ機能も用意している。

 ワイヤレスキーボードは2.4GHzのRF方式で本体と接続する仕様だ(接続可能距離は約50センチ)。約19ミリのキーピッチ、約1.1ミリのキーストロークを確保し、91.3(横)×38.5(縦)ミリのタッチパッドも搭載する。キーボード内蔵のバッテリーは、タブレット本体と装着して閉じている間に充電する仕組み。3時間の充電で約2週間駆動する。タブレット本体のバッテリー駆動時間は約8時間だ。

 外観はXperiaシリーズと同じ「オムニバランス」(全方位型)デザインを採用する。タブレット本体のサイズは304.6(幅)×188(高さ)×9.9(厚さ)ミリ、重量は約780グラム。ワイヤレスキーボードのサイズは304(幅)×187.4(奥行き)×4.25(高さ)ミリ、重量は約320グラムで、タブレット本体に装着した場合の厚さは合計14.15ミリ、重量は合計約1.15キロとなる。

 OSは64ビット版Windows 8をプリイントール(購入後にWindows 8.1に無償アップデート可能)。オフィススイートはOffice Home and Business 2013を備えている。

tm_1310tap11_04.jpgtm_1310tap11_05.jpgtm_1310tap11_06.jpg VAIO Tap 11の利用イメージ

VAIO Tap 11 店頭モデルの概要(その1)
シリーズ名 モデル名 タイプ 従来比較 CPU メモリ HDD OS 実売
VAIO Tap 11 SVT11218DJB (1色) タブレット (ワイヤレスキーボード付属) 新ラインアップ Core i5-4210Y (1.5GHz/最大1.9GHz) 4GB (DDR3L) 128GB SSD 64ビット版 Windows 8 17万円前後
VAIO Tap 11 店頭モデルの概要(その2)
シリーズ名 モデル名 液晶 解像度 チップセット 光学ドライブ GPU TV/オフィス 重量
VAIO Tap 11 SVT11218DJB (1色) 11.6型ワイド 1920×1080 (タッチパネル、デジタイザペン付属) CPU統合 CPU統合 (HD 4200) Office Home and Business 2013 約780グラム(タブレット単体)、約1.1キロ(キーボード接続時)

直販モデルはCore i7や512GバイトSSDを搭載可能

 ソニーは、購入時に仕様が選択できるソニーストア直販のVAIOオーナーメード(VOM)モデル「SVT1121A1J」も同時発売する。直販価格は10万9800円からだ。

 直販限定カラーのホワイトが選べるほか、Core i7-4610Y(1.7GHz/最大2.9GHz)、Core i3-4020Y(1.5GHz)、Pentium 3560Y(1.2GHz)のCPU、2Gバイトのメモリ、512Gバイトと256GバイトのSSD、64ビット版Windows 8 Pro、英語配列キーボード、VGAアダプタ、ACアダプタ接続用の小型Wi-Fiルータ、Office 2013のエディション、クリエイティブ系アプリなどを用意している。

tm_1310tap11_07.jpgtm_1310tap11_08.jpgtm_1310tap11_09.jpg 直販限定カラーのホワイト

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.