ニュース
» 2013年10月28日 20時48分 UPDATE

NEC、Windows 8.1搭載「PC内蔵電子黒板」発売──教育市場向け、65型サイズ

NECディスプレイソリューションズが、教育市場向けのWindows搭載PC内蔵型電子黒板機器を発売。ICT技術を取り入れる学校・授業シーンへの導入を見込む。

[ITmedia]
photo PC内蔵電子黒板「BrainBoardシリーズ」

 NECディスプレイソリューションズは10月28日、教育市場向けのICT機器「PC内蔵電子黒板」を発表。2014年2月下旬より販売、2014年3月下旬に出荷を始める。

 PC内蔵電子黒板は、NECグループが推進する「NEC学校ICT推進ソリューション」を構成する主力の機器として展開。教育の現場は現在、文部科学省の教育整備指針に基づき「全国の小中学校へ1学級に1台の電子黒板の導入」が検討されている。デジタル教科書を活用した授業や、生徒ひとりひとりが所持するようになると想定するタブレット機器と連携する、ICT技術を取り入れた授業シーンとともに、ハブ機能も含めた大型電子黒板機器の教室への導入も見込まれている。

 PC内蔵電子黒板「BrainBoardシリーズ」は、65型サイズのタッチパネル付きディスプレイ「MultiSync LCD-V652-TM」にWindows 8.1 Pro+インテルプロセッサを採用したボード型組み込みPCを内蔵した。

 生徒が使うWindowsタブレットとほぼ同じ環境のため、表示/共有/データ配信/管理、タブレットと連携した授業支援ソフトなどともシームレスに連携できるのが特徴。CPUはCore i5-3610MEを搭載、ディスプレイはフルHD(1920×1080ドット)表示に対応し、タッチ操作での画面の拡大・縮小、添付タッチペンによる4人までの同時書き込み、電子黒板を使った複数人での漢字の書き取り、算数の計算などといったICT授業全般で活用できる。

 本体サイズは1540.4(幅)×909.2(高さ)×106.5(奥行き)、重量は約68.3キロ(昇降機能+移動キャスター付きスタンドも用意する)。ほか、重量約28.1キロの46型モデルもラインアップする。機器としての主な仕様はこちら(PDF)から


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.