ニュース
» 2014年04月16日 11時00分 UPDATE

2014年PC春モデル:東芝、世界初の4Kディスプレイ搭載ノートPC「dynabook T954」

「dynabook T954」は3840×2160ピクセル(4K)の15.6型ワイド液晶を搭載したノートPC。約282ppiの高画素密度を誇り、さまざまな高画質化技術も盛り込まれている。

[ITmedia]

ついにノートPCにも4Kディスプレイ搭載機が登場

tm_1404_t954_01.jpg 東芝の4KノートPC「dynabook T954/89L」。ボディカラーは「ライトゴールド」を採用する

 東芝は4月16日、15.6型4Kディスプレイ搭載のノートPC「dynabook T954/89L」を発表した。2014年4月25日に発売する。価格はオープン、実売価格は23万円前後(税別)の見込みだ。

 世界初の4Kディスプレイ搭載ノートPC(2014年4月16日時点で世界初/東芝調べ)。解像度3840×2160ピクセル(4K)の15.6型ワイド液晶ディスプレイを搭載し、約282ppi(pixels per inch:1インチあたりのピクセル数)の高精細表示に対応する。IPS方式のIGZOディスプレイを採用し、マルチタッチ対応のタッチパネルも装備した。ディスプレイ表面は光沢仕様だ。

 液晶ディスプレイは製造工程で1台ずつ個別に色調整を行い、ハリウッド映画などに採用されているTechnicolorの標準色に最適化してある。使用するアプリケーションや作業環境に合わせて色温度やガンマを変化させる「Chroma Tune for TOSHIBA」も備えており、Technicolor、Cool、Warm、Rec.709、Fullの5つの表示モードを選択可能だ。

 東芝独自の高画質化技術としては、同社液晶テレビの「REGZA Engine CEVO 4K」をPC向けの高ppi環境向けにチューニングした「レゾリューションプラス機能」を装備。液晶テレビのCEVO 4Kでは専用の画像処理エンジンを実装しているが、dynabook T954のレゾリューションプラス機能はソフトウェア処理で同等品位を実現したとする。

 レゾリューションプラス機能は、画像の輝度成分に対してテクスチャ解析を行い、抽出されたテクスチャの特性に応じた復元処理を施すことで、高ppiディスプレイで細部が見えにくくなる現象を抑え、画像の解像感を向上させる「微細テクスチャー復元」、色相ごとに輝き成分を解析し、細かな輝き成分を復元させて画像の質感を向上させる「輝き復元」を静止画表示で実現する。

 また、動画再生時には「カラーエンハンスメント(記憶色補正)」「シャープネス」「ダイナミックコントラスト」「テクスチャエンハンスメント」「アップスケーリング」といった高画質化技術が適用される(動画再生アプリや動画ファイルの解像度により、適用される高画質化技術が異なる)。

レゾリューションプラス機能の対応状況
アプリケーション TOSHIBA Blu-ray Disc Player/TOSHIBA Video Player 東芝画面設定ユーティリティ (Windows Media Player、YouTube、RZスイートexpress) TOSHIBA Media Player by sMedio TrueLink+
再生するコンテンツの解像度 DVD再生 BD再生 4K再生 SD画質 HD/フルHD画質 4K画質 SD画質 HD/フルHD画質 4K画質
カラーエンハンスメント
ダイナミックコントラスト
シャープネス
テクスチャエンハンスメント

 高ppiディスプレイで使いやすいように文字やアイコンの表示サイズを調整する「東芝画面設定ユーティリティ」、画面端のサブ画面エリアに動画や別のウィンドウ、アプリをサムネイル表示し、手軽に切り替えられる「タスクスイッチャー機能」も持つ。

tm_1404_t954_02.jpgtm_1404_t954_03.jpg 画素密度が非常に高い4Kディスプレイを搭載(写真=左)。ヘアライン加工を施した天面(写真=右)

4コアCore i7、Radeon R9 M265X、11ac無線LANを搭載

 基本スペックは、CPUに4コア/8スレッド対応のCore i7-4700HQ(2.4GHz/最大3.4GHz)、チップセットにIntel HM86 Express、GPUにAMD Radeon R9 M265X(専用グラフィックスメモリ2Gバイト)、メモリに8GバイトPC3L-12800(4Gバイト×2/最大16Gバイト)、ストレージに1TバイトのハイブリッドHDD、光学ドライブにBDXL対応Blu-ray Discドライブを採用する。

 通信機能はIEEE802.11a/b/g/n/acの無線LAN、1000BASE-Tの有線LAN、Bluetooth 4.0を標準装備。USB 3.0×4、HDMI出力(3840×2160ピクセル/30Hz対応)、UHS-II/SDXC対応SDメモリーカードスロット、音声入出力、約92万画素のWebカメラ、harman/kardonステレオスピーカー(DTS Studio Sound対応)も内蔵する。

tm_1404_t954_04.jpgtm_1404_t954_05.jpg 前面(写真=左)と背面(写真=右)
tm_1404_t954_06.jpgtm_1404_t954_07.jpg 左側面(写真=左)と右側面(写真=右)

 キーボードはバックライトを搭載したテンキー付きの日本語106キー仕様(19ミリピッチ/1.5ミリストローク)、タッチパッドは左右ボタン一体型のクリックパッドだ。製品には光学式のBluetoothマウスも付属する。

 バッテリー駆動時間は約3.6時間(JEITA 2.0)/約4時間(JEITA 1.0)。本体サイズは377.5(幅)×244(奥行き)×27.9(高さ)ミリ、重量は約2.4キロだ。

 プリインストールOSは64ビット版のWindows 8.1。Microsoft Office Home and Business 2013、Adobe Photoshop Lightroom 5、Corel PaintShop Pro for TOSHIBA、Corel VideoStudio X6 VE for TOSHIBA、Roxio Creator LJなどのソフトウェアが付属する。

tm_1404_t954_08.jpgtm_1404_t954_09.jpg テンキー付きのキーボードはバックライトを搭載する

東芝ダイレクト

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.