トップ10
» 2014年06月02日 00時25分 UPDATE

PC USER 週間ベスト10:オリンピックイヤーに潜む「Windows 2020年問題」とは?(2014年5月26日〜6月1日)

今回のアクセスランキングは、Windowsの2020年問題、ITマンガ連載、アキバのPCパーツ情報、4KノートPC、Intel最新CPU動向などが上位となりました。

[ITmedia]

 PC USERで1週間に読まれた記事のアクセス数をランキングする「PC USER 週間ベスト10」。今回は2014年5月26日から6月1日までを集計しています。

 首位を獲得したのは、連載「鈴木淳也の『まとめて覚える! Windows 8.1 Update』」から「Internet Explorer 11の新機能にみる『Windows 2020年問題』とは?」でした。Internet Explorer 11の新機能「エンタープライズモード」と、その背景にあるWindowsの「2020年問題」を解説しています。

 続く2位は、テクノロジーをテーマに日常風景を描くITマンガ連載「バイナリ畑でつかまえて」の第17話「リ野獣死すべし」でした。これに合わせて、第16回「そして誰かいなくなった。」も6位に浮上しています。バックナンバーはコチラからどうぞ。

 トップ3には、2万円前後で高付加価値のZ97/H97マザーに注目した「古田雄介のアキバPickUp!(5月28日版)」も入りました。PCパーツ系のトピックとしては、Haswell RefreshからDevil's Canyon、Intel 9シリーズチップセットまで、Intelの最新モデルをまとめた解説記事も5位につけています。

 日本時間6月3日に開幕する米Appleの世界開発者会議(WWDC)に向けた予想記事は2本がランクイン。5月23日掲載の「10日後に迫ったWWDC 2014のウワサまとめ」が7位、5月31日掲載の「目前に迫ったWWDC 2014の予想まとめ」が10位となりました。

 そのほか、新製品レビュー3本がトップ10入り。東芝の4Kディスプレイ搭載ノートPC「dynabook Satellite T954/98L」(ベンチマークテスト編)が4位、マウスコンピューターのHaswell RefreshとM.2 SSDを搭載したデスクトップPC「MDV-GZ7500X-M2」が8位、上海問屋のMP3変換/USBメモリ保存付き「ポータブル カセットプレーヤー」が9位でした。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.