ニュース
» 2014年08月22日 14時25分 UPDATE

OCZ、コスパ重視の東芝製NAND採用2.5インチSSD「Arc 100」

アスクは、OCZ Storage Solutions製となる2.5インチSATA SSD「Arc 100」シリーズの取り扱いを開始する。

[ITmedia]
photo Arc 100シリーズ

 アスクは8月22日、OCZ Storage Solutions製となる2.5インチSATA SSD「Arc 100」シリーズの取り扱いを発表、9月上旬に販売を開始する。価格はオープン、予想実売価格は120Gバイトモデルが8800円前後、240Gバイトモデルが1万4500円前後、480Gバイトモデルが2万8000円前後の見込みだ。

 SATA 6Gb/s接続に対応した7ミリ厚の2.5インチSSDで、フラッシュメモリとして東芝製のA19ナノメートルプロセス採用MLC NANDフラッシュを、コントローラには「Barefoot 3 M10」を採用。転送速度はリード最大490Mバイト/秒、ライト最大450Mバイト/秒、ランダムライト性能は8万IOPS(いずれも480Gバイトモデルの性能)のスタンダードモデルとなっている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.