ニュース
» 2014年09月16日 19時00分 UPDATE

4K/60Hz表示+USB 3.0データ転送も可能:5K表示、4K×2画面を実現する「DisplayPort 1.3」が規格化

VESAは従来比で帯域幅が150%に広がった「DisplayPort 1.3」規格を発表。1本のケーブルで、5K解像度の非圧縮データを転送できる。

[ITmedia]

 PC用グラフィックス関連機器の規格標準化団体であるVESA(Video Electronics Standards Association)は9月15日(北米時間)、DisplayPort規格の最新版となる「DisplayPort 1.3」を発表した。搭載製品の発売時期は未定。

 従来比(Ver 1.2比)で150%の帯域幅となる1レーン8.1Gbps、4レーン合計32.4Gbpsの広帯域を実現したのが特徴だ。これにより、5K(5120×2880ピクセル)/60Hz表示や、デイジーチェーン接続による4K UHD(3840×2160ピクセル)の2台同時表示を可能にした。オーバーヘッドを考慮した非圧縮映像データのスループットは25.92Gbpsとしている。

 ちなみに、米Dellが2014年10月〜12月に発売する予定の5Kディスプレイ「UltraSharp 27 Ultra HD 5K Monitor」は、DisplayPort 1.2を2つ接続して5K表示を行う仕様だ。DisplayPort 1.3を採用することで、こうした5Kディスプレイが1本のケーブルで接続できるようになる。

tm_1409dp13_01.jpg DisplayPort規格は、2008年の1.1で10.8Gbps、2009年の1.2で21.6Gbps、そして2014年の1.3で32.4Gbpsと帯域幅を広げている

 DisplayPort 1.3は、VGA(アナログRGB)、DVI、HDMIのビデオ変換を継承。HDCP 2.2、CEC(Consumer Electronics Control)、HDMI 2.0に加えて、テレビ向け色差信号の4:2:0に対応し、将来的な8K×4Kディスプレイのサポートも可能とする。

 DisplayPortを用いて、映像だけでなく、データ転送も行う「DockPort」にも対応。4レーンのうち2レーンで4K UHDディスプレイの60Hz/24ビットカラー表示をしながら、もう2レーンでUSB 3.0のデータ転送を行うといったことも可能だ。

tm_1409dp13_02.jpg DisplayPort 1.3は5K(5120×2880ピクセル)/60Hz表示を1本のケーブル接続で実現する

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.