ニュース
» 2014年10月28日 11時46分 UPDATE

デル、ノートPC用の“外付け”グラフィックスユニット「Graphics Amplifier」

デルは、同社製ゲーミングPC「ALIENWARE」の新モデルノートPC「ALIENWARE 13」を発表。専用オプション「Graphics Amplifier」によりデスクトップ用のハイエンドグラフィックスカードを装着可能だ。

[ITmedia]
photo ALIENWARE 13

 デルは10月28日、同社製ゲーミングPC「ALIENWARE」の新モデルノートPC「ALIENWARE 13」、および専用外付けユニット「ALIENWARE Graphics Amplifier」を発表、本日より販売を開始する。価格はALIENWARE 13単体モデルが12万9800円、ALIENWARE Graphics Amplifierが2万9800円(ともに税別)。

 ALIENWARE 13は、13型フルHD液晶ディスプレイを内蔵するゲーミングノートPCで、CPUとしてCore i5-4210U、グラフィックスコアとしてGeForce GTX 860Mを搭載。メモリは8Gバイト、ストレージは1TバイトHDDを内蔵、OSはWindows 8.1を導入する(Windows 7も選択可能)。

 また、市販のデスクトップ用PCI Expressグラフィックスカードを装着可能な外付け拡張ボックス「Graphics Amplifier」の接続をサポートしているのが特徴。Graphics Amplifierは専用の電源ユニットを内蔵しており、PCI Express接続対応のハイエンドグラフィックスカードの装着にも対応した。同社アナウンスではGeForce GTX 980/同 TITAN Black、Radeon R9 290/290Xなどのハイエンドカードの動作もうたわれている。

photophoto Graphics Amplifier  グラフィックスカードの装着のほか、4ポートUSB 3.0ハブ機能も備えている

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.