ニュース
» 2014年11月27日 15時01分 UPDATE

マウスコンピューター、税込み7万円を切る着脱キーボード搭載WindowsタブレットPC

マウスコンピューターは、11.6型フルHDタッチパネル液晶を備えたWindows 8.1搭載タブレットPC「MT-iPE1100WN」の販売を開始する。

[ITmedia]

 マウスコンピューターは11月27日、フルHD表示対応の11.6型ワイド液晶を内蔵するWindowsタブレットPC「MT-iPE1100WN」を発表、本日より販売を開始する。製品ラインアップは、64GバイトSSD搭載モデルの「MT-iPE1100WN-64G」と128GバイトSSD搭載モデルの「MT-iPE1100WN-128G」の2タイプを用意。価格はそれぞれ6万4800円/6万9800円だ(税別)。

photophoto MT-iPE1100WN

 10点マルチタッチ対応/1920×1080ピクセル表示対応の11.6型ワイド液晶ディスプレイを内蔵したタブレットPCで、マグネット着脱式のUSB接続型専用キーボードを装着することでノートPCスタイルでの利用が可能だ。CPUはPentium 3561Y(1.2GHz)を搭載、IEE802.11b/g/n無線LAN、Bluetooth 4.0+LE、Webカメラ2基(100万画素+100万画素)なども備えている。

 OSはともにWindows 8.1 64ビット版を導入。本体サイズ(キーボード含まず)は296.3(幅)×189.8(奥行き)×11.4(高さ)ミリ、重量は約808グラム(キーボード側は約282グラム)だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.