ニュース
» 2014年12月12日 11時37分 UPDATE

サムスン、メインストリーム向けの3D V-NAND搭載SSD「Samsung SSD 850 EVO」

ITGマーケティングは、日本サムスン製となる2.5インチSATA SSD「Samsung SSD 850 EVO」シリーズ4製品の取り扱いを開始する。

[ITmedia]
photo Samsung SSD 850 EVOシリーズ

 ITGマーケティングは12月12日、日本サムスン製となる2.5インチSATA SSD「Samsung SSD 850 EVO」シリーズ4製品の取り扱いを発表、12月中旬より順次販売を開始する。製品ラインアップは120Gバイト/250Gバイト/500Gバイト/1Tバイトの4タイプを用意。価格はオープン、予想実売価格は120Gバイトモデルが1万4000円、250Gバイトモデルが1万9000円、500Gバイトモデルが3万6000円、1Tバイトモデルが6万7000円だ(いずれも税込み)。

 SATA 6Gb/s接続に対応する7ミリ厚の2.5インチSSDで、NANDフラッシュとしてセルを立体化した“3D V‐NAND”を採用。転送速度はリード最大540Mバイト/秒、ライト最大520Mバイト/秒となっている。

 また、予備領域をバッファとして利用することで転送速度を向上させる「ターボライトテクノロジー」も導入、ランダム書き込みのパフォーマンスは前モデル(840 EVO)比で約2.4倍の向上を実現した。

関連キーワード

Samsung | SSD | NAND | 転送速度


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.