ニュース
» 2015年04月14日 16時05分 UPDATE

3Dタイトル作成強化、XAVC-Sサポートも:アップル、映像編集ソフト「Final Cut Pro X」など3製品をアップデート

アップルは映像編集ソフト計3タイトル「Final Cut Pro X」「Motion」「Compressor」のアップデートを発表した。

[ITmedia]
photo Final Cut Pro X

 アップルは4月14日、映像編集ソフト計3タイトル「Final Cut Pro X」「Motion」「Compressor」のアップデートを発表した。最新版のバージョンはそれぞれFinal Cut Pro X 10.2/Motion 5.2/Compressor 4.2で、本日より販売が開始される(既存ユーザーには無償アップデートとして提供)。価格はそれぞれ3万4800円/6000円/8000円だ。

 Final Cut Pro 10.2は、3Dタイトルをドラッグ&ドロップの簡単な操作により作成できるほか、映像編集用テンプレートを強化。また映像フォーマットとしてPanasonic AVC-Ultra、Sony XAVC-S形式などをサポートしたほか、GPUアクセラレーションによるRED RAW処理も可能となっている。

 Motion 5.2も3Dタイトル関連機能が強化され、作成したカスタム素材/環境をFinal Cut Pro Xでシームレスに利用することが可能となった。またエフェクト生成機能の強化やキーフレーム機能の強化などもあわせて実現している。

 Compressor 4.2は、映像作品をより容易にiTunes Store販売用に仕上げられる機能を装備。必要素材を選択するだけでiTunes Storeパッケージを作成することが可能となった。

関連キーワード

Final Cut | Apple | 動画編集 | ソフトウェア | GPU


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-