ニュース
» 2015年08月28日 12時51分 UPDATE

ダイワボウと日本マイクロソフト、Windowsモバイル機器の導入支援を行う「Windowsモバイルビジネスセンター」を設立

日本マイクロソフトとダイワボウ情報システムは、Windowsスマートフォンを含むWindows搭載モバイルデバイスの導入を支援する専任組織「Windowsモバイルビジネスセンター」を設立した。

[ITmedia]

 ダイワボウ情報システム(以下、DIS)と日本マイクロソフトは8月28日、Windowsスマートフォンを含むWindows搭載モバイルデバイスの導入を支援する専任組織「Windowsモバイルビジネスセンター」を発表、本日付にてDIS内に設立した。

 2社協業によるWindows搭載デバイスの導入支援組織で、両者の技術と販売ノウハウを集約。同センターを通し、今後3年間でWindows搭載スマートフォンを含め類型200万台のWindows搭載モバイルデバイスの法人市場向け販売を目指していく、としている。

 両者の役割は以下のとおり。

担当社名/提供時期 提供内容
DIS 本日より提供開始 Windows搭載モバイルデバイスの導入に関する専用相談窓口を設置
Windows搭載モバイルデバイス導入検討企業へのレンタルパッケージの提供
日本全国でのハンズオンセミナーの実施
Windows搭載モバイルデバイス導入に際するワークショップ、トレーニングの提供 ・ニーズに応じたコンサルティングの提供
・DISの取り扱う豊富な商材から最適なデバイス・アプリケーションを提案
・カスタマイズサービスを活用した付加価値の高い提案
・アプリケーションの実装技術やタッチ開発の検討
年度内の提供 マイクロソフト製品の利活用シナリオ・ソリューションの創出 ・Office 365をはじめとするクラウド製品の年額/月額販売メニューの提供
・安全で柔軟なモバイル デバイス管理と管理の簡素化に最適なMicrosoft Intuneの提案と年額/月額販売のサポート
・新しいクラウド専用ポータル(2016年1月予定)での、デバイスからクラウドまで一元販売、管理を提供
段階的な運用を検討 DISの全国約90か所の販売拠点および日本マイクロソフトの拠点におけるWindows搭載モバイルデバイス体験プログラムの提供
日本マイクロソフト Windows搭載スマートフォンに関する技術情報の提供や営業支援の提供 ハードウェア/ソリューション導入検討顧客への協調営業
本協業を通じた営業ツール/コンテンツの提供
Windows搭載スマートフォンの製品開発パートナーリクルーティングと開発支援
マイクロソフト製品の利活用シナリオ・ソリューション立ち上げへの支援

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.