ニュース
» 2015年09月24日 11時00分 UPDATE

2015年PC秋冬モデル:富士通、3DカメラでWindows Helloの顔認証に対応した液晶一体型PC――「FMV ESPRIMO WH」

富士通の液晶一体型PC「FMV ESPRIMO WH」は、Windows 10プリインストールモデルとなり、3Dカメラを使ったWindows Helloの顔認証機能に対応した。

[ITmedia]

画面を寝かせられるFMVの液晶一体型PCがWindows 10モデルへ

 富士通は9月24日、液晶一体型デスクトップPC「FMV ESPRIMO WH」シリーズの2015年秋冬モデルとして、「WH77/W」と「WH53/W」を発表した。いずれも10月3日に発売する予定だ。価格はオープン、実売価格はWH77/Wが25万円強、WH53/Wが21万円強の見込み。

tm_1509_wh_01.jpg 「FMV ESPRIMO WH77/W」

 ESPRIMO WHシリーズは、2つのヒンジでディスプレイのチルト角度を柔軟に調節できる液晶一体型PC。ディスプレイを立てた「ベーシックスタイル」、タッチ操作がしやすい角度にディスプレイを傾けた「タッチスタイル」、付属の専用タッチペンで描き込むためにディスプレイを寝かせた「ペンスタイル」の「3waystyle」で利用できる。

 WH77/WとWH53/Wは、現行モデル(2014年秋冬モデルを継続販売)と比較して、プリインストールOSを64ビット版Windows 8.1 Updateから64ビット版Windows 10 Homeに変更。WH77/WはWindows 10の生体認証機能「Windows Hello」に対応し、ディスプレイ上端に搭載したインテルの「RealSence 3Dカメラ」を使った顔認証によるサインイン/ログオンが行える。

 PC本体の基本スペックやボディデザインに変更はない。WH77/Wは4コア/8スレッド対応のCore i7-4712MQ(2.3GHz/最大3.3GHz)、CPU内蔵グラフィックスのIntel HD Graphics 4600、8Gバイトメモリ(8Gバイト×1、PC3L-12800)、2TバイトHDD(5400rpm)、BDXL対応Blu-ray Discドライブ、タッチパネル付きで1920×1080ピクセル表示の23型ワイド液晶ディスプレイ、約200万画素のフルHD Webカメラ(RealSence 3D)とステレオマイク、NFCを搭載する。

 WH53/WはWH77/Wから、CPUを2コア/4スレッドのCore i3-4100M(2.5GHz)に、メモリを4Gバイト(4バイト×1、PC3L-12800)に、HDDを1Tバイト(7200rpm)に、カメラを92万画素のHD Webカメラに、マイクをモノラルに変更し、NFCを省いた仕様だ。

 インタフェースは共通で、4基のUSB 3.0、1基のUSB 2.0、SDメモリーカードスロット、Pioneer製スピーカー、音声入出力を搭載。通信機能はネットワーク機能は、1000BASE-Tの有線LAN、IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LAN、Bluetooth 4.0を備えている。

 本体サイズは本体最小傾斜時で564(幅)×229(奥行き)×385(高さ)ミリ、本体最大傾斜時で564(幅)×352(奥行き)×167(高さ)ミリ。重さはWH77/Wが約9.9キロ、WH53/Wが約9.7キロになる。ボディカラーはWH77/Wがシャイニーブラック、WH53/Wがスノーホワイトだ。

 付属のキーボードは、キーの位置に合わせて入力時の重さを調整した「3段階押下圧キーボード」を採用。日本語入力ソフトの「ATOK」も搭載し、文字入力のしやすさを強化した。ワイヤレスのマウス(BlueLED)と専用タッチペンも付属する。

 そのほかソフトウェア面では、WH77/Wのみサイバーリンクの写真/動画編集ソフトを採用。2モデル共通では、Office Home and Business Premium プラス Office 365サービス(1年間)や3年版の「マカフィー リブセーフ」などを備えている。

tm_1509_wh_02.jpg 「FMV ESPRIMO WH53/W」
FMV ESPRIMO WH店頭モデルの概要(その1)
シリーズ名 モデル名 タイプ 従来比較 CPU メモリ HDD OS 実売
FMV ESPRIMO WH WH77/W (B 1色) 液晶一体型 Windows 10採用 Core i7-4712MQ (2.3GHz/最大3.3GHz) 8GB (DDR3L) 2TB HDD 64ビット版 Windows 10 Home 22万円強
WH53/W (B・W 2色) 液晶一体型 Windows 10採用 Core i3-4100M (2.5GHz) 4GB (DDR3L) 1TB HDD 64ビット版 Windows 10 Home 19万円前後
FMV ESPRIMO WH店頭モデルの概要(その2)
シリーズ名 モデル名 液晶 解像度 チップセット 光学ドライブ GPU TV/オフィス 重量
FMV ESPRIMO WH WH77/W (B 1色) 23型ワイド 1920×1080 (タッチパネル) Intel HM86 BDXL対応Blu-ray Disc CPU統合 (HD 4600) −/Office Home and Business Premium + Office 365(1年間) 約9.9キロ
WH53/W (W 1色) 23型ワイド 1920×1080 (タッチパネル) Intel HM86 BDXL対応Blu-ray Disc CPU統合 (HD 4600) −/Office Home and Business Premium + Office 365(1年間) 約9.7キロ

直販モデルはハイスペック構成も選択可

 なお、同社直販サイト「富士通 WEB MART」では、上記製品をベースに基本スペックが選択できるカスタムメイドモデル「WW1/W」を発売する。

 基本スペックは、Core i5-4210M(2.6GHz/最大3.2GHz)、最大16Gバイトのメモリ、最大3TバイトのHDD、DVDスーパーマルチドライブ、Office Personal PremiumやOfficeなしの構成が選べる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.