ニュース
» 2015年10月08日 20時00分 UPDATE

米HPが699ドルで発売:暗黒面のパワーはすばらしいぞ! 「スター・ウォーズ」の“ダークサイド”なノートPC

DisneyおよびLucasfilmとコラボした「スター・ウォーズ」のPCを発売するメーカーは、HPのみという。

[前橋豪,ITmedia]

 12月18日公開の映画「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」とコラボレーションしたノートPC「Star Wars Special Edition notebook」が、米Hewlett-Packard(HP)から発表された。米国で11月8日に発売、価格は699米ドル(約8万4000円)だ。日本での発売は未定。

tm_1510_starwars_00.jpg 「Star Wars Special Edition notebook」

 銀河帝国およびダークサイドにインスパイアされたというボディのデザインは、スター・ウォーズが表現してきた“使い古された未来のメカ”をイメージさせるものだ。

 表面は経年劣化でかすれて汚れた金属のような仕上げで、天面にダーズ・ベイダー、パームレスト面にデス・スターとストーム・トルーパーのイラストが描かれている。ダークサイドのフォースを思わせる赤色LEDのキーボードバックライト、Xウイングのナビゲーションシステム(デス・スター攻略時のアレ)を描いたタッチパッドなど、こだわりの意匠だ。

tm_1510_starwars_02.jpg
tm_1510_starwars_03.jpg

 基本スペックは、第6世代Core i5/i7プロセッサ、最大12Gバイトのメモリ、最大2TバイトのHDD、1920×1080ピクセル表示の15.6型ワイド液晶ディスプレイ、光学ドライブ、B&O PLAYブランドのスピーカー、Windows 10を搭載。オプションとして、タッチパネル付きの液晶ディスプレイや外部GPUのNVIDIA GeForce 940Mも選べる。バッテリー駆動時間は最大7時間だ。

 PCには、スター・ウォーズ40年の歴史を楽しめる設定資料の1100を超えるイメージ、R2-D2やライトセーバーの効果音によるWindowsの通知、専用の壁紙やスクリーンセーバー、デス・スターのイラストによるゴミ箱アイコン、映画で使われている「Aurebesh」フォント、Marvel初のスター・ウォーズ電子版コミックなども収録している。

 そのほか、純正アクセサリとして専用のワイヤレスマウスとスリーブも用意。価格はいずれも39.99米ドル(約4800円)だ。

tm_1510_starwars_01.jpg
tm_1510_starwars_04.jpg
tm_1510_starwars_05.jpg
tm_1510_starwars_06.jpg
tm_1510_starwars_07.jpg
HP Directplus -HP公式オンラインストア-

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.