ニュース
» 2015年10月14日 16時29分 UPDATE

パナソニック、“防爆エリア”での利用も可能な5型タブレット「TOUGHPAD」4機種を発売

パナソニック システムネットワークスは、ガス爆発リスクのある「防爆エリア」での利用を想定した防爆仕様の5型タブレット「TOUGHPAD」4機種の販売を開始する。

[ITmedia]

 パナソニック システムネットワークスは10月14日、「防爆エリア」での利用を想定した防爆仕様の5型タブレット「TOUGHPAD」4機種を発表、10月下旬より法人向け販売を開始する。製品ラインアップは、搭載OS(Android 4.2.2/Windows Embedded 8.1 Handheld Update 2)と対応キャリアの差異で計4モデルを用意した。価格はいずれもオープンだ。

photo 製品利用イメージ

 ガス爆発リスクのある場所での利用を想定したタフ仕様のタブレット機器で、大型プラント等の「第二類危険箇所」での使用が可能な国内防爆検定取得済みとなっているのが特徴。従来の機器では使用できなかった、大型プラントや化学/製薬工場などの防爆エリアで用いることが可能だ。また操作モードの切り替えにより、手袋をした状態や水滴が付いた状態でのタッチ操作も行える。

 別途回線契約により、国内主要キャリアの音声通話とデータ通信に対応。IEEE802.11a/b/g/n/ac対応無線LANも利用可能だ。このほか、ハンディターミナルとしても利用可能なバーコードリーダーや、高精度のGPS、NFCなども装備した。内蔵バッテリーの駆動時間は約14時間(連続待ち受けは1000時間)となっている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.