ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ガス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ガス」に関する情報が集まったページです。

蓄電・発電機器:
携帯ガス発電機で充電できる蓄電池セット、エリーパワーが販売開始
エリーパワーはが蓄電システムとポータブルガス発電機がセットになった「POWER YIILE 3 ∞ PAC」の販売を開始。蓄電池の電気を使い切った場合でも、ポータブルガス発電機で発電して蓄電池に充電させることが可能だ。(2020/8/12)

スピン経済の歩き方:
「しゃぶしゃぶ温野菜」爆発 なぜ報ステは「運営会社」を伏せたのか
「しゃぶしゃぶ温野菜 郡山新さくら通り店」でガス爆発が起きた。多くのメディアは謝罪会見を取り上げたが、なぜか報道ステーションは運営会社の社名すら報じなかった。その背景になにがあるのか。(2020/8/11)

熱中症の注意やみまもりも スマートホームサービス対応ガス警報器「快適ウォッチSMART」発売
新コスモス電機とソフトバンク子会社のエンコアードジャパンが連携し、スマートホームサービスに対応した新世代のガス警報器を発売する。都市ガス大手の東邦ガス(名古屋市)と西部ガス(福岡市)が採用し、採用事業者は順次拡大する方針だ。(2020/7/20)

FAニュース:
温室効果ガスの使用量を約14%低減した新型ガス絶縁開閉装置
日立産機システムは、メンテナンス性を向上させた「新型72/84kVガス絶縁開閉装置」を2020年7月1日に発売する。シンプルな構造と最適な収納機器レイアウトで、温室効果ガスの使用量を約14%低減した。(2020/7/10)

製造業IoT:
大阪ガスがパナソニックのプライベートLTEを採用、コストはWi-Fiの10分の1
パナソニック システムソリューションズ ジャパン(PSSJ)は、同社の自営等BWAシステム(いわゆるプラベートLTE)事業の展開について説明するとともに、大阪ガス泉北製造所の第一工場(大阪府堺市)と第二工場(大阪府高石市)のスマートファクトリー化事例について紹介した。(2020/7/7)

エネルギー管理:
家庭用燃料電池「エネファーム」で仮想発電所、卒FIT太陽光の自家消費促進を実証
関西電力、日本ユニシス、住友電気工業、パナソニック、東京ガスの5社は、太陽光発電付きの一般家庭に設置されたパナソニック製PEFC型家庭用燃料電池「エネファーム」を活用したバーチャルパワープラント(VPP)実証を開始した。(2020/6/10)

蓄電・発電機器:
水素混焼とNAS電池を活用、電力の自己託送で広域エリアのCO2削減
日本ガイシが安藤・間(安藤ハザマ)の技術研究所に納入した電力貯蔵用NAS電池が運転を開始。水素を混焼できるガス発電システムや自己託送制度と組み合わせて活用し、広域エリアにおける最適な電力融通でCO2削減を目指す。(2020/6/5)

シャープ、スマート家電アプリとガス機器を連携 マスク販売で起きた“不具合”は解消
シャープの子会社は、シャープのスマート家電を遠隔操作できるスマートフォンアプリで、大阪ガスなどのガス機器も操作できるようにした。マスク販売時、アクセス集中によって起きたスマート家電が操作できなくなる問題は、システムを分離して解消した。(2020/5/29)

日本アイ・ビー・エム株式会社提供Webキャスト
北海道の冬を支える灯油配送、ベテラン配送員のノウハウ共有にAIが活躍した理由
AIのビジネス活用が進む一方で、自社の課題・目的に対してAIをどう活用すればよいか分からないという企業も少なくない。その参考となる事例が、北海道のエネルギー供給を担う、いちたかガスワンの取り組みだ。(2020/5/27)

材料開発:
機械学習で高性能な磁気冷凍材料を発見、水素ガスの低価格化につながる可能性
NIMSは機械学習を用いることで水素ガスの液化などに役立つ磁気冷凍材料の候補物質として二ホウ化ホルミウム(HoB▽▽2▽▽)を新たに発見したことを発表した。(2020/5/12)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
ターボの時代  いまさら聞けない自動車の動力源 ICE編 4
排ガス規制で動力性能を失った反動で、パワー競争の時代が始まる。昭和53年は西暦では1978年。そのたった2年後の80年に、日産は一気にターボ攻勢に入る。セドリック/グロリアにブルーバードが続き、本命のスカイラインにもターボモデルが追加された。その後、200馬力級がゴロゴロ登場するとともに、コンパクトモデルにもターボモデルが追加されて、馬力がインフレを起こしていく。(2020/5/11)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
日本車のアメリカ進出  いまさら聞けない自動車の動力源 ICE編 3
不可能と思われた厳しい「昭和53年規制」。各社の技術は、最終的に電子制御インジェクターと酸化還元触媒へと収斂(しゅうれん)して、技術的スタンダードが確立した。次に、各社は、排ガス規制で失われたパワーを取り戻すチャレンジを始める。日本車がハイテクカーと呼ばれて世界を席巻するまでの流れをひもとく。(2020/5/4)

「コロナウイルスを除菌するエアコンガスができた」 ダイキン工業をかたる電話に注意
ダイキン工業は、一部の販売業者が同社や代理店、特約店を名乗り、新型コロナウイルス感染症対策として空調機器の購入や買い換えを促す電話勧誘を行うケースがあるとして注意を呼びかけた。(2020/4/24)

太陽光:
新築戸建に太陽光発電を無料提供、トヨタホームと東京ガスがサービス開始
トヨタホーム東京、トヨタホームちば、東京ガスの3社は、トヨタホームの新築戸建住宅を建設するユーザーを対象に、太陽光発電システムを無償で提供するサービス「ずっともソーラー×トヨタホーム」の提供を2020年4月20日から開始した。(2020/4/21)

コバルト(II)イオンに着目:
CO2を吸着しスピン状態を変える金属錯体を合成
熊本大学と東北大学の研究グループは、室温で選択的に二酸化炭素を吸着し、スピン状態を変化させるコバルト(II)錯体の開発に成功した。研究成果は金属錯体型ガスセンサー向けの分子設計に寄与するとみられている。(2020/4/21)

自然エネルギー:
微生物燃料電池の仕組みでCO2をメタン変換、西松建設らが開発に成功
西松建設と群馬大学が微生物燃料電池の仕組みを利用したCO2のメタン変換に成功。温暖化ガスとなるCO2を再利用できる、カーボンリサイクル技術の実現につながる成果だという。(2020/4/15)

太陽光:
太陽光と“海水”でアンモニア合成に成功、水素キャリアの拡充へ期待
大阪大学の研究グループが、太陽光と海水を利用し、常温・常圧下で窒素ガスからアンモニアを合成できる光触媒技術を開発。再エネ由来水素のエネルギーキャリアとして期待される新たなアンモニア合成触媒手法の実現に貢献する成果だという。(2020/4/13)

最大36型ディスプレイにまで対応したガススプリング式ディスプレイアーム
ディラックは、台湾SilverStone Technology製のディスプレイアーム2製品「ARM12」「ARM21」の取り扱いを開始する。(2020/4/9)

固形フッ素樹脂使用で実現:
温室効果ガス不要の新プラズマ処理技術を実用化
京都工芸繊維大学発のベンチャーである魁(さきがけ)半導体は2020年4月7日、PFC(パーフルオロカーボン)ガスの代わりに固形フッ素樹脂を使用しプラズマ処理を実現する新技術の実用化に成功した、と発表した。半導体のプラズマエッチングなどの処理において、温室効果ガスを使わず同等の効果を得ることができるといい、環境負荷/現場負担の軽減を実現するとしている。(2020/4/9)

マーケティング未経験からの出発、東京ガスはどうやってデータドリブン文化を実現したのか
都市ガスの小売全面自由化によりビジネスモデルをパラダイムシフトしてきた東京ガス。しかし、対応するまでには大きな困難があった。(2020/4/9)

「デジタルトランスフォーメーションで顧客との接点を強化」:
顧客からの電話にAIが音声で自動応答 大阪ガスが「ガス設備調査 訪問日時の変更」の受け付けに活用
大阪ガスは、NTTコミュニケーションズの「ボイスDXコンサルティングモデル」を活用して、顧客からの電話による「ガス設備調査 訪問日時の変更」の受け付けにAI(人工知能)が音声で自動応対するサービスを始める。(2020/4/3)

太陽光:
新築に「エネファーム」導入で太陽光発電を無償提供、東京ガスらが新サービス
東京ガスと三井ホームは2020年3月27日から、新築戸建住宅に家庭用燃料電池「エネファーム」を導入すると、太陽光発電システムを無償で提供するサービス「未来発電G withずっともソーラー」を開始した。(2020/3/30)

蓄電・発電機器:
再エネ水素で「火力発電」が米国で実現、MHPSが専用タービンを受注
三菱日立パワーシステムズ(MHPS)が米国ユタ州で進む水素を燃料として利用するガスタービン・コンバインドサイクル(GTCC)発電プロジェクトから発電システムを受注。プロジェクトでは再エネ由来水素を活用し、2025年に水素混焼率(体積比による混合比率)30%、2045年までに水素100%での運転を目指している。(2020/3/19)

自然エネルギー:
下水汚泥から100世帯分の電力、ヤンマーがバイオガス事業を本格始動
ヤンマーエネルギーシステムは2020年2月からバイオガスを活用したFIT発電事業を本格的に開始。栃木県の2カ所の下水処理場で発生するバイオガスを利用し、年間100世帯分に相当する発電を行う計画だ。(2020/3/17)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
53年排ガス規制との戦い いまさら聞けない自動車の動力源 ICE編 2
第1回に引き続き、内燃機関(ICE)の仕組みについて。今回はガソリンエンジンに話題を絞って、熱効率の改善と排ガス浄化がどう進んでいったかの話をしよう。まずは、そうした問題が社会で重要視されるまでは、どんなやり方だったのかというところから始め、排ガス規制への対応の歴史を振り返ってみたい。(2020/3/16)

第4回 ロボデックス:
現場状況の配信だけでなく、ガス検知も行える建設向けリアルタイム情報共有システム
谷沢製作所は、管理者による現場管理や技術指導、作業記録の他、ガス検知に有効なリアルタイム情報共有システムを開発した。(2020/2/25)

天然ガス圧縮施設がランサムウェア被害、米機関が業界に対策の徹底呼び掛け
攻撃者はスピアフィッシングの手口で天然ガス圧縮施設のITネットワークに不正アクセス。セグメンテーションが不十分だったため運用技術(OT)ネットワークにも侵入された。(2020/2/19)

中部電力、「情報銀行」の実証3月から開始
地域振興につなげるほか、電力、ガス事業が人口減少で需要が頭打ちのなか、新たな収益源に育て上げたい考え。「(2020/2/18)

医療機器ニュース:
大気に触れるだけで硫化水素や一酸化窒素を放出する固体材料を開発
物質・材料研究機構は、大気に触れると、硫化水素や一酸化窒素などのガスを求める濃度レベルで徐々に放出する固体材料を開発した。濃度制御や保存が困難だった、生理活性ガスの医療への応用拡大が期待される。(2020/2/12)

光アンテナをジグザグ配線で接続:
NIMS、環境に優しい高感度の赤外線検出器を開発
物質・材料研究機構(NIMS)は、ジグザグ配線した光アンテナを用い、高感度の赤外線検出器を開発した。水銀やカドミウムを使わずに、高い感度で大気汚染ガスの測定が可能となる。(2020/2/7)

工場ニュース:
電子材料用の高純度ガス事業を強化するため、上海に第二工場を建設
昭和電工は、電子材料用の高純度ガス事業を強化するため、上海昭和電子化学材料の隣接地に第二工場を建設する。また、半導体市場の拡大が見込まれる台湾にも、高純度オクタフルオロシクロブタンを年間150t生産できる設備を新設する。(2020/1/31)

製品動向:
新菱冷熱、ケミカルフィルタ不要の電解水エアワッシャー開発
新菱冷熱工業は、半導体・液晶工場などの製造環境向けに、「電解水エアワッシャーシステム」を開発を発表した。外調機に設置するケミカルフィルタが不要で、酸性ガスの高い除去性能を実現する。(2020/1/29)

蓄電・発電機器:
CO2ゼロとみなせる都市ガスで水素供給、東京ガスらが東京・豊洲に水素ステーション
東京ガスは、日本水素ステーションネットワーク合同会社(JHyM)と共同で東京都江東区に建設した「東京ガス豊洲水素ステーション」の開所式を行った。豊洲ステーションは、カーボンニュートラル都市ガスを原料に水素を製造する。(2020/1/28)

エネルギー管理:
太陽光×ガス×蓄電池で“仮想発電所”を構築、東京ガスが自社設備で実証
東京ガスと東京ガスエンジニアリングソリューションズは、太陽光発電、蓄電池、ガスコージェネレーションシステムを自動で統合制御するバーチャルパワープラントの運用を開始した。(2020/1/23)

医療機器ニュース:
皮膚から放出される微量なガスを可視化する装置を開発
東京医科歯科大学は、皮膚から放出される、極めて微量な血中由来揮発成分を検知し、濃度分布をリアルタイムに画像化する「ガスイメージング装置(探嗅カメラ)」を開発した。(2020/1/10)

電気自動車:
パナソニックが水素ステーションを新設、再エネ電力とガス改質を組み合わせ
パナソニックは、次世代エネルギーとして関心が高まる水素の実用性を検証するため、滋賀県草津市にあるアプライアンス社草津拠点構内に水素ステーション「H2 Kusatsu Farm」を建設し、同ステーションから水素補給した燃料電池フォークリフトの構内運用を開始した。(2019/12/9)

電力供給サービス:
東京ガスが再エネを10倍に拡大する新中期計画、2030年までに500万kW規模に
東京ガスが2030年までの新たな経営ビジョンを発表。2030年までに国内外で取り扱う再生可能エネルギー電源の規模を、現状の約10倍となる500万kWにまで拡大する野心的な目標を掲げた。(2019/11/28)

ガス圧接継手をAIで検査 NTTコムウェアと清水建設が実証実験
NTTコムウェアは清水建設と共同で、画像認識AIによるガス圧接継手検査の実証実験を実施する。従来の目視検査とAIの画像認識結果を比較して判定精度や作業時間、操作性などを検証する。(2019/11/22)

EVで「電欠」したらどうなるの? 日産「リーフ」はこうなる
ガス欠でも焦るのに「電欠」はもっと怖い……? どうなるか、どうするかを確認。(2019/11/22)

蓄電・発電機器:
太陽光×ガス×蓄電池のハイブリッド発電システム、災害時の電力供給源に
エネテクは、LPガス発電機、太陽光発電設備、蓄電池を組み合わせて制御し、非常時の電源確保などを低コストで実現するハイブリッド発電システムを開発した。(2019/11/21)

ET2019:
1.5Gの振動を加えても70℃でも安定動作する耐環境コントローラ、PFUが披露
PFUは、「ET&IoT Technology 2019(ET2019)」において、半屋外、車両、粉じんや有害ガス環境などの過酷な環境でも安定して動作する「耐環境コントローラ」を参考展示した。(2019/11/21)

「意思決定」の視点がないデータ分析が失敗する理由 元大阪ガスの河本薫氏が解説
ビジネスの現場で活躍できるデータサイエンティストに求められる能力とは。そして実際に問題を見つけ、それを分析し、業務に役立てるためのポイントは何なのか。滋賀大学の河本薫教授が説明した。(2019/11/12)

CIM:
トンネルシールド工事に“CIM”導入で計画立案の時間を半減、鹿島
鹿島は、CIMを山岳トンネル工事に採り入れ、地中のシールドトンネル線形を3次元モデル化することで、掘進管理の強化と生産性の向上を実現する新システムを開発した。既に茨城県那珂郡のガス導管シールド工事に適用し、有効性が確認されたという。(2019/11/8)

自己啓発やオンラインサロンと同じ商法:
『ジョーカー』が暴いた「アンチヒーロービジネス」―― 誰もが“都合の良い悪夢”に溺れる訳
大ヒット中の映画『ジョーカー』。筆者はそこに「アンチヒーロービジネス」の構図を見る。現状を変えずむしろガス抜きになっている点を指摘。(2019/11/7)

スマートスピーカーが家の“番犬”に? 米国で劇的進化するAmazonとGoogleの音声アシスタント
プライバシーを守るオンデバイスAI、ガス漏れ警報を「認識」するスマートスピーカー。AmazonとGoogleが開発している新機能はいずれ日本にもやってくるだろう。(2019/11/6)

東京モーターショー2019:
三菱自動車がコンパクトPHEVにガスタービンエンジンを採用する4つの理由
三菱自動車は「第46回東京モーターショー2019」において、スモールサイズの電動SUVのコンセプトカー「MI-TECH CONCEPT(マイテックコンセプト)」を初披露した。最大の特徴はガスタービンエンジンの採用になるだろう。(2019/10/25)

電力供給サービス:
CO2排出をゼロとみなせる都市ガス、東京ガスが日本初となる供給へ
東京ガスが都内のビル施設に対し、CO2排出量をゼロとみなすことができるカーボンニュートラル都市ガスの供給を発表。カーボンニュートラル都市ガスの供給は日本初という。(2019/10/25)

CEATEC 2019:
“匂い?臭い?”問題をセンサーで解決、匂いのデータ化でエコシステムを構築
第一精工と凸版印刷は「CEATEC 2019」(2019年10月15〜18日、千葉県・幕張メッセ)において「匂い」を数値化できる「匂いセンサー」を出展。異臭検知や腐敗検知、ガス漏れ対策などさまざまな用途展開へと期待を集めた。(2019/10/24)

積水ハウスIT業務部の挑戦!:
ハウスメーカーが構想する“不動産ブロックチェーン”の可能性とインパクト
積水ハウスは、2020年以降を見据えた“住”関連ビジネスの基盤づくりを進めており、その一環としてブロックチェーンを活用した次世代不動産プラットフォームを構想している。プラットフォームには、通信会社、ガス会社、保険会社が参加しており、将来ビジョンでは水道や電力、行政などとの連携も視野に入れ、異業種間での新規サービスの創出を見込む。(2019/10/16)

ガ、ガ、ガスタービンeg搭載!?!? 三菱が何かすごそうな小型EV「MI-TECH」をチラ見せ モーターショーで世界初披露
三菱っぽいといえば、っぽいですね……!(2019/10/15)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。