ニュース
» 2015年10月19日 15時52分 UPDATE

プロゲーマーと「AVA」でガチ対決!! eSportsイベントリポート

国内プロゲーマーチーム「DeToNator」の選手と「Alliance of Valiant Arms」で直接対決できるイベントがアキバのパソコンSHOPアークで行われた。

[ITmedia]

 アキバのPCパーツショップ「パソコンSHOPアーク」で、国内プロゲーマー集団「DeToNator」の選手として活躍するSHAKA氏やSaih4tE氏とFPSゲーム「Alliance of Valiant Arms」で対戦できるMSI主催のプロゲーマー対決イベントが10月17日、18日の2日間にわたって開催された。

og_ark_001.jpg 10月17日、18日に行われたプロゲーマー対決イベント

og_ark_002.jpg パソコンSHOPアークの入る通運会館の2階で開催された

 あこがれのプロと直接一騎打ちができる貴重な機会と同時に、勝利すれば豪華賞品がもらえるとあって、同店が入る通運会館の2階会場には多くのAVAファンがつめかけ、イベントは盛況。

 日曜日に行われた最後のマッチメークは、一般参加者3人に対して「DeToNator」側は2人という人数的に不利な条件だったにも関わらず、Saih4tE選手がアサルトで無双し、SHAKA選手がスナイプしていく両選手得意のプレイであっという間に決着をつけるなど、トッププロプレイヤーとしての実力を見せつけた。

 ただし、連戦の疲れか(対戦者を挙手で募り、5ポイント先取で次々と試合が行われていく方式)プロ側が負ける場面もあり、イベントは大いに盛り上がった。

og_ark_003.jpg DeToNatorの選手と一騎打ち対決を体験できる

og_ark_004.jpg 一般ユーザーが挙手で対戦に参加し、5ポイント先取の試合が次々と行われていく

og_ark_005.jpg 協賛メーカーのゲーマー向け製品も紹介された。EIZO「FORIS FS2735」に搭載されるブレ軽減機能は「急に敵が視界に入ったときでも残像が少ないので正確に狙いやすいのがいい」とSHAKA選手

og_ark_006.jpg 「FORIS FS2735」

og_ark_007.jpg 1080p/60fpsでゲームを録画できるUSB 3.0接続のHDMIキャプチャユニット、AVerMedia「GC550」。HDMI入出力を備えており、パススルーすればプレイ画面を遅延なく表示できる

og_ark_008.jpg PiPでのライブ配信も可能。主要なサービスに対応し、すぐにゲーム実況を始められる

 今回のプロゲーマー対決イベントを主催したMSIの中原氏は、「eSportsに代表されるPCゲームは世界的に見て大きなトレンドになりつつありますが、海外の状況に比べると日本はまだまだ発展途上。グローバル企業であるMSIがこうしたeSportsの勢いを直接日本に伝えられれば」と狙いを話す。「また、MSIの製品は単なるゲーミングPCではなく、世界で活躍できるトッププロが実際に使っている“選ばれた製品”だということを知ってほしい」とアピールする。

 同企画に協賛したパソコンSHOPアークは、PCゲーマーから強く支持されるアキバの老舗ショップ。パソコンSHOPアークを運営するタワーヒルの浦田氏は「今回のイベントは私たちがターゲットにしているお客さまと非常に親和性が高いですし、PCゲーマーのためのショップとして、eSportsの認知に貢献したいと考えていた。こうしたイベントを通じてPCゲーム市場全体を盛り上げていきたい」と語る。

 「今回のイベントは告知の仕方などでまだ改善点はありますが、多くの方にご来場頂けてよかったです。継続的にイベントを行うことで幅広い層にPCゲームの魅力を伝えていきたいですね」と浦田氏。年内にも同様のプロゲーマー交流イベントを企画しているとのことだ。

og_ark_009.jpg MSIの中原氏(右)とタワーヒルの浦田氏(左)

og_ark_010.jpg 同イベントで華麗なプレイを披露したSHAKA選手。「普段から一般の方と対戦はしているけど、ユーザーと直に交流できて新鮮でした。プロといってもこうした機会に会ったり、気軽に質問できるので、同じゲームを楽しんでいるみなさんと大きな距離があるわけではないです。ゲームを楽しんで、もしプロになりたいと思ったらぜひ目指してほしい」とコメント。ゲームが上達する秘けつを聞いたところ「自分ではセンスがないと思っていて、どちらかといえば時間をかけるほう。昔は15時間ぶっ続けでプレイし、頭が痛くて我慢できなくなるとロキソニンを飲んでさらにゲームを続けた」とのこと。「でも今は攻略動画や個人ブログでも情報が充実しているので、そういうのはすごく参考になると思います。無理せず楽しんでください(笑)」(SHAKA選手)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.