ニュース
» 2016年04月15日 09時00分 公開

「VAIO S11」の対応LTEバンドが拡充 8と11も利用可能に

ドコモのクアッドバンド対応に加えて、ソフトバンクのバンドも幅広くカバーするようになった。

[ITmedia]

 VAIOは4月15日、SIMロックフリー仕様の11.6型モバイルノートPC「VAIO S11」における対応バンドを追加したと発表した。同社のサポートページから無料の更新プログラム『VJS111*「Wireless WAN ファームウェア Ver.1.0.6 (Windows 10/Windows 7用)」アップデートプログラム』をダウンロードしてインストールすることで、LTE/3GともにBand 8、11に対応する。

 これまでVAIO S11は国内専用設計によって多くの格安SIMが使用するNTTドコモのバンドを幅広くカバーし、LTEはBand 1(2100MHz)、3(1800MHz)、19(800MHz)、21(1500MHz)のクアッドバンドに対応(下り最大150Mbps/上り最大50Mbps)、3G(W-CDMA)はBand 1、19をサポートしていた。

 今回のアップデートにより、LTEバンドはソフトバンクモバイルおよびY!mobileが対応するBand 8(900MHz、プラチナバンド)、3GはソフトバンクモバイルおよびY!mobileが対応するBand 8とBand 11(1500MHz)も利用可能になる。NTTドコモに加えて、ソフトバンクモバイルのバンドも幅広くカバーするようになったのが特徴だ。

 VAIO S11の製品情報はこちら

【訂正:2017年10月31日午後7時 初出で「KDDI(au)が対応するBand 11(1500MHz)も利用可能」との記述がありましたが、auでの接続は非サポートでした。おわびして訂正いたします】

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう