コラム
» 2016年04月20日 06時00分 UPDATE

ITはみ出しコラム:WWDC 2016公式サイトに現れた「Hello」文字列の意味は?

今回のWWDC公式サイトはなんだか雰囲気がいつもと違います。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 例年より遅めの4月18日(現地時間)、米Appleが年次開発者会議「WWDC 2016」の日程を発表しました。6月13日〜17日にカリフォルニア州サンフランシスコで開催します。基調講演の模様は、WWDCの公式サイトで6月13日午前10時(日本時間で6月14日午前2時)からライブ中継を楽しめます。

 今回は正式発表前からSiriに「WWDCはいつ?」と聞いたら日程を答えてくれたことで話題になりましたが、これは多分、Appleが意図的にやったことでしょう。このたくらみから、次期OS X(MacOSに改称されるというウワサも)にSiriが搭載されるという予想が本当らしいとみる人もいます。

 WWDC 2015開催時のWebサイトは、白い背景にテーマになるような画像とキャッチフレーズが表示されていましたが、今年(2016年)はちょっと異例で黒バックにコードみたいな行が並んでいます。

 wwdc 2016 WWDC 2016公式サイト。このように「Hello」が入った文章が12行続きます
 wwdc 2015 こちらはWWDC 2015開催前の公式サイト。白い背景に「The epicenter of change(変化の震源地)」と書かれていました。基調講演では、「Apple Music」が発表されました

 WWDCはその名(=世界開発者会議)の通り、開発者向けのイベントですから、コーディングっぽいデザインはぴったりです。フィル・シラー上級副社長も発表文で「WWDC 2016は、Swiftでコーディングし、iOS、OS X、watchOS、tvOS向けアプリや製品を開発してくれている開発者にとって記念すべきイベントになるでしょう」と語っています。

 Webページの最初の行、「print("Hello, WWDC!")」は、プログラミングをかじったことがある皆さんご存じ、教科書の最初に出てくる「Hello, World!を表示してみよう」というやつのもじりです。

 「その後に続くHelloで始まる11行はなんだろう」としばらくながめていたら、「Hello 6 seconds of face」の「6秒」から、これが6秒動画投稿アプリ「Vine」を表しているらしいことに気付きました。そうすると、「Hello driver, fast as you can」は配車アプリの「Uber」、「Hello self-combusting selfies」は「Snapchat」がアプリつながりで推測できます。

 この辺でズルをしてネットを探してみたところ、ソーシャルニュースサイトの米Redditで10本のアプリを推測している人がいました。このLawreeさんによると、それぞれの文章と対応するアプリの関係は以下の通り。最後の「Hello big idea」は開発者への激励の言葉かもしれません。

  • Hello love at first swipe. → Tinder(出会い系アプリ)
  • Hello other side of the road. → Crossy Road(ゲームアプリ)
  • Hello yogi on my wrist. → Pocket Yoga(ヨガアプリ。Apple Watch版あり)
  • Hello driver, fast as you can. → Uber(配車アプリ)
  • Hello workout in my living room. → 7 Minute Workout(フィットネスアプリ)
  • Hello every pitch, every highlight. → MLB.com At Bat(メジャーリーグ公式アプリ)
  • Hello self-combusting selfies. → Snapchat(自動削除付き写真共有アプリ)
  • Hello double tap heart. → Instagram(写真共有アプリ)
  • Hello rain in five minutes. → Dark Sky(お天気アプリ)
  • Hello 6 seconds of fame. → Vine(6秒ループ動画投稿アプリ)

 これが全問正解かどうかは分かりませんが、かなりつじつまが合う感じです。例えば新しいAPIが公開されて、Siriとこうしたアプリを連係できるようになるのかもしれません。

 ところでRedditでは、公式サイトが黒バックなことから、「Swiftでダークモードが選択できるようになるのかも!」とちょっと盛り上がっていました。白い画面は結構目が疲れるので、ダークモードを愛好する開発者さんは多そうです。

 Swift Swiftの画面

バックナンバー

関連キーワード

Apple | WWDC | 開発者 | Siri


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう