コラム
» 2016年06月04日 05時00分 UPDATE

ITはみ出しコラム:感情的にならないでWindows 10と付き合えますか?

本当に「いつでも楽しい気分でいられる」といいのですが……。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 まだWindows 7/8.1からWindows 10にアップグレードしたくない皆さま、前回のWindows Updateも無事やり過ごせたでしょうか。私はなんとか回避しました(以前書いたように、Windows 10搭載PCを買いましたが、仕事用のPCはWindows 7のままです)。

 7月29日に無料アップグレード期間が終わると、これまで繰り返しWindows 10への移行を迫ってきた「Windows 10を入手する(Get Windows 10)」アプリが無効化され、うっかりWindows 10にアップグレードしてしまいそうになる危険が減るといううわさもあります。あと少し、頑張りましょう。

gwx 消しても消してもWindows Updateで復活してくる「Windows 10を入手する(Get Windows 10)」アプリ。今では、自動的に予約日時が決定され、スケジュールを変更しないとWindows 10へのアップグレードが勝手に始まるという、かなり強引な仕様に変更されています

 とはいえ、いつまでも旧世代のOSであるWindows 7/8.1を使っているわけにはいきません。Windows 7/8.1のサポート期限はまだ先ですが、安全のためにも、事情が許すなら、なるべく早くWindows 10に移行した方がいいです。

 Windows 10にすると、最初はユーザーインタフェースや細かい操作の違いに戸惑うかもしれませんが、EdgeやCortana、仮想デスクトップなど数多くの新機能が使えるようになり、前より便利に感じる場面もありそうです。また、うっかりWindows 10にアップグレードしちゃうんじゃないか、とビクビクしなくて済みます。

windows 10 Windows 10のデスクトップ画面。Windows 8以降のタイルUIをスタートメニューに統合し、Windows 7のユーザーも、Windows 8〜8.1のユーザーもなるべく違和感なく扱えるよう工夫されていることが分かります

 ところでWindows 10を導入すると、Windows Updateは完全に自動更新となります。Microsoftの言葉では「お客様は何もしなくても常に最新のWindows 10の更新プログラムをご利用いただけます。利用可能な更新プログラムがあれば、更新プログラムは自動的にダウンロードされ、インストールされます」とのことです。

 つまり、Windows 7/8.1のように更新プログラムをインストールする方法は選べなくなり、Microsoftいわく「お客様がいつでも楽しい気分でいられるように」と更新プログラムは必ずインストールされることになります。

windows 10更新履歴 「お客様がいつでも楽しい気分でいられるように」だそうです

 以下に、新旧Windowsの更新プログラムのインストール方法選択画面を並べてみました。Windows 10は、今新しい個人向けPCを買うとプリインストールされているWindows 10 Homeエディションです。

windows 7 windows update Windows 7のWindows Update設定画面
windows 10 windows update Windows 10のWindows Update設定画面

 Windows 10 HomeのWindows Update画面はシンプルですね。選択肢は2つしかなくて、再起動のタイミングをずらすことはできますが、アップデートを避けることはできません。セキュリティパッチはなるべく早く適用した方がいいので、Microsoftはよかれと思ってそうしています。

 でも、アップデートを適用したせいで、動作が不安定になったり、それまで動いていたアプリや周辺機器が動かなくなったりすることって、あるかもしれないですよね。

 それが心配なユーザーは、Windows 10 Proエディションにアップグレード(本稿執筆現在の価格は1万3824円)すると、Windows Updateでセキュリティ以外のアップデートを数カ月遅らせることができます。数カ月遅らせるだけでも、その間にアップデートしちゃった人たちからのフィードバックのおかげで問題は解決するでしょう。

 これは「アップグレード延期」という設定で、サポートページには、「アップグレードを延期すると、Windowsの新機能が数カ月間ダウンロードまたはインストールされません」と書かれています。延期するとインストールされないかもしれないという、その辺りがはっきりしなくて怖いですが、大事な仕事用PCではこれを適用したいところです。

windows 10 pro Windows 10 Proならば、「アップグレードを延期する」という設定があります(あくまで「延期」です)

 また、Windows 10 Homeでも、アップデート後になんだか調子が悪いなぁという場合は、これまで同様に原因と思われる更新プログラムをアンインストールすることもできます。これはあまりおすすめできない非常手段なので、ここで詳しく説明はしませんが、興味のある方はMicrosoftのサポートページをご参照ください。

 Windows 10の無料アップグレード推進策については、何もそこまでトリッキーなことをしなくても……と思うこともありました。中には今回のMicrosoftのやり方にうんざりして、WindowsからMacに転向するという人もいると聞きます。

 でも、AppleだってOSアップデートではWindowsのように更新プログラムを個別にアンインストールしたりできないし、iOSではたまに「文鎮化」問題が起こっているし、Microsoftだけが問題アリとは言い切れません。ここはひとつ、感情的にならずにWindows 10とお付き合いしていきたいと思います。

バックナンバー

関連キーワード

Windows | Windows 10 | Microsoft | サポート終了


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう