連載
» 2016年06月07日 05時00分 UPDATE

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:近い将来、「Office」を使っているとスタバの常連になる? (1/2)

Microsoft Officeは集積された膨大なデータの活用でより賢く進化し、それを他のアプリと組み合わせることで、さまざまな応用が効くようになる。例えば、スタバのアプリとOutlookが連携すると何が起こるのか。

[鈴木淳也(Junya Suzuki),ITmedia]

 米Microsoftが3月末に開催した年次開発者会議「Build 2016」では、ユーザーと自動で対話できる「会話Bot」のサービスを開発できる「Bot Framework」が大きな話題となった。

 こうしたコンピュータを“より賢く”する仕組みは、Windows 10の音声対応パーソナルアシスタント「Cortana」や、一般向けのWebサービスにとどまらず、企業ユーザーの生産性や価値をより高めるためにも活用されようとしている。

 今回は、Build 2016の2日目に行われた基調講演の内容を振り返りつつ、進化を続けるオフィススイート「Microsoft Office」の新しい姿に注目したい。

Starbucks Microsoft Officeのプラットフォームが進化すると、Officeユーザーはスターバックスに集まって打ち合わせしたくなる? 詳細は後ほど

Office 365の膨大なデータにアクセスする仕組み

 Microsoft Officeのプラットフォームに、ユーザーの「生産活動」の成果が蓄積されることで、コンピュータはより賢くなる。

 米Microsoftアプリケーション&サービス部門担当エグゼクティブバイスプレジデントのチー・リュー氏は、現在同社が推進している「Office 365」は単なる生産性向上ツールにとどまらず、ここで蓄積されたデータをさらに活用することで、より便利なツールに生まれ変われるという。データはシステムを動かすためのエンジンであり、これがよりインテリジェントなシステムの構築につながると説明する。

Qi Lu 米Microsoftアプリケーション&サービス部門担当エグゼクティブバイスプレジデントのチー・リュー氏

 同氏によれば、世界には12億のOfficeユーザーが存在し、日々このツール群を活用して膨大なデータの処理を行っている。Office 365はWord、Excel、PowerPoint、Outlookといったクライアント向けアプリケーションに加えて、クラウド上のOneDriveからExchange上のメールやスケジュール、連絡帳のデータ、そして各種データベースやビジネスアプリケーションなど、仕事におけるさまざまなデータを集積している。

 もし、ここで集められたデータを、アプリケーションやサービスの開発者らが適切に利用できれば、より便利なツールを構築したり、あるいはビジネスチャンスが生まれたりするきっかけとなるだろう。

Developer opportunity デベロッパーがOfficeプラットフォームを活用してビジネスを展開するメリット

 それを体現するのが「Microsoft Graph」だ。既に2015年の秋より一般提供が開始されているサービスではあるが、Office 365上のデータ群に対して透過的なアクセス環境を提供することで、データを直接収集したり、フィルターをかけて必要な情報を絞り込んだり、あるいは分析を行ったりできる。

 Microsoft Graphのページではシンプルなクエリを入力することで、例えばOneDrive上にある最新の編集ファイルのみを取り寄せたり、あるいは特定のトピックに関連した複数のユーザーの連絡先を取得したりすることが可能だ。

 結果はJSON形式の構造化ファイルとして表示されるため、加工も容易になっている。実際に、この仕組みを用いて特定トピックに関連したメンバーの空き時間を調べ、自動的にミーティングをセットする様子がデモストレーションで披露された。

Microsoft Graph(1) Microsoft Graphを活用することで、膨大なデータを背景に、よりインテリジェントでユーザーの利用シーンに最適化されたアプリを開発できるようになる
Microsoft Graph(2) Microsoft Graphは、従来はサービスごとに分散していたAPIを1つに体系化することで、単一の情報窓口として機能する。インタフェースもシンプルだ
Microsoft Graph(3) メンバーの空き時間を調べて自動的にミーティングをセットする仕組みをデモストレーション

 これはほんの一例だが、デベロッパーはこのインタフェースを使って、自身の開発するアプリケーションやサービスにインテリジェントな機能を組み込むことが可能だ。このように、サードパーティーの開発者らにOffice 365を積極的に触らせて、よりプラットフォームを拡大していこうというのがMicrosoftの狙いだ。

アドインで広がるOfficeの可能性

 Office活用の試みはMicrosoft Graphにとどまらない。「Office Add-in」もその1つだ。これはOfficeアプリケーションをWeb技術で拡張する仕組みで、サードパーティーの開発者がさまざまな機能を付与できる。

 Build 2016の会場には米Starbucksのジェリ・マーティン-フリッキンジャーCTOが登場し、同社がOutlook向けに開発中のアドインを紹介した。これはOutookを使って予定表のミーティング出席依頼付きギフトカードを送信して、最寄りのスターバックス店舗で待ち合わせる約束ができるというもの。受け取ったユーザーはギフトカードでコーヒーを注文でき、スターバックスの集客にOutookが一役買うというわけだ。

 「必要なときにコーヒーと会議を同時に準備でき、ユーザーの時間が節約される。Officeプラットフォームからデバイス経由でユーザーにすぐリーチでき、魅力的な方法でスターバックスの新しい体験を届けられる」とマーティン-フリッキンジャー氏は、Officeのアドイン機能を評価する。

Starbucks CTO 米Starbucksのジェリ・マーティン-フリッキンジャーCTO
Office Add-in(1) Starbucksが提供するOffice Add-inの例。Outlookメールにギフトカードへのアクセスが可能なアドインを仕込み、近隣の店舗へと誘導するプロモーションが可能になる
Office Add-in(2) アドインで示されたギフトカードにアクセスすると、Webサイトへと誘導されてトップアップが可能になる

 ちょっとした機能ではあるが、工夫次第でOfficeとの連携を前提にしたサービス開発はいろいろな応用が考えられる。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう