ニュース
» 2016年06月07日 15時47分 公開

EIZO、パナソニック ヘルスケアの手術/内視鏡用モニター事業を買収

EIZOは、パナソニック ヘルスケアの手術/内視鏡用モニター事業を買収すると発表した。

[ITmedia]

 EIZOは6月6日、パナソニック ヘルスケアの手術/内視鏡用モニター事業の買収について合意を行い、事業譲渡契約を締結したと発表した。

 今回の買収についてEIZOは、パナソニック ヘルスケアの手術/内視鏡用モニター事業を加えることで、3D/4K対応の手術/内視鏡用モニターをフルラインアップ展開することが可能となり、事業の拡大を加速できるものと判断した、とコメントしている。 買収金額は非開示、事業譲渡期日は2016年7月31日だ。

 なお、EIZOは中期経営計画において、ヘルスケア市場向け事業の拡大を重点施策の1つに位置付けており、特に手術室分野に注力して事業拡大を進めている。

関連キーワード

買収 | 医療 | パナソニック | EIZO | 3D | 業務


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう