ニュース
» 2016年06月15日 13時51分 公開

日本HP、同社製ノートPC約3400台のバッテリーを自主回収――過熱/発火の危険性

日本HPは、2013年3月から2015年8月に出荷した同社製ノートPCのバッテリーに過熱/発火の危険性があると発表した。

[ITmedia]
photo

 日本HPは6月15日、同社製ノートPCのバッテリーに過熱/発火の危険性があると発表、無償交換プログラムを開始する。

 対象となるのは、2013年3月から2015年8月に出荷したノートPC付属品のバッテリー、およびオプション製品/保守サポートで提供したバッテリーパックのうちの一部で、対象となる個数は日本国内で3402個だ。

 バッテリーの交換対象となる可能性のある製品は以下の通りで、このうちシリアル番号が「xxx311xxxx 〜 xxx444xxxx」(“x”部分は英数字)の一部に交換対象製品が含まれるとしている。

  • HP ProBook 4540s Notebook PCシリーズ
  • HP ProBook 4545s Notebook PCシリーズ
  • HP ProBook 455 G1 Notebook PCシリーズ
  • HP 1000 Notebook PCシリーズ
  • HP 2000 Notebook PCシリーズ
  • HP Pavilion g6 Notebook PCシリーズ

 なお日本HPでは交換対象の確認方法として、専用のバッテリパックチェックツール(HP Battery Program Validation Utility)での自動確認、およびWebサイトより製品名/シリアル番号などを入力して判別できる手動確認の2種類の方法を用意している(同社では自動確認を推奨している)。詳細については特設ページを参照のこと。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう