連載
» 2016年08月05日 06時00分 UPDATE

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:Windows 10は7月30日以降も有料になっていない? (1/2)

2016年7月29日にWindows 10の無料アップグレードキャンペーンは終了したはずだったが……。

[鈴木淳也(Junya Suzuki),ITmedia]

Windows 10の無料アップグレードキャンペーンは終了

 2016年7月29日、Windows 7/8.1からWindows 10への無料アップグレードキャンペーン期間が終了した。Microsoftによれば「現時点で無料アップグレード期間の延長は検討していない」という。

Windows 10 Windows 10の無料アップグレードキャンペーンは終了した

 日本では7月30日に入ったタイミングで、Windows 7/8.1のタスクトレイに存在する白いWindowsアイコンをクリックして「Windows 10を入手する(Get Windows 10:GWX)」アプリのウィンドウを立ち上げると、「申し訳ございません。無償アップグレードキャンペーンは終了しました」と表示されるようになった。

Windows 10 「Windows 10を入手する(Get Windows 10:GWX)」アプリを開いても「申し訳ございません。無償アップグレードキャンペーンは終了しました」と表示され、キャンペーンが終了したことのみが通知される

 実際には、日本と19時間の時差があるハワイ時間(UTC-10)で7月29日23時59分(日本時間7月30日18時59分)まで無料アップグレードが可能だったが、自動的にWindows 10のインストール予約を行ったり、アップグレードのキャンセル方法を徐々に分かりづらく変更したり(後にこれらは改善されたが)と、多くのユーザーを悩ませてきたGWXアプリもついにその役目を終えたことになる。

 今後GWXアプリは適時削除され、Windows Update経由でのWindows 7/8.1からWindows 10へのアップグレードは「推奨するアップグレード」から外される。Windows 10の有料化により、Windows 7/8.1からのアップグレードには別途Windows 10のライセンスが必要になったため、ライセンス認証されていないWindows 10が発生する事故のないよう、Windows UpdateでのWindows 10アップグレードは不可能になると推察される。

有料となったWindows 10は1万9008円から

 無料アップグレードキャンペーンが終了した現在、旧OSのユーザーがWindows 10を導入する方法だが、Microsoftの公式な説明としては「購入」となる。Microsoft Storeでの直販価格は、Windows 10 Homeが1万9008円、Windows 10 Proが2万7864円(いずれも税込)だ。

 従来のWindows OSにあった割引価格のアップグレード版は販売されない。ついこの前まで無料だったものが、いきなり2万円近い価格になったわけだ。

Windows 10 Microsoft Storeでの直販価格は、Windows 10 Homeが1万9008円、Windows 10 Proが2万7864円(いずれも税込)

障害者向け支援技術の利用者には無料アップグレードを継続

 Windows 10の無料アップグレードキャンペーンは終了したが、例外もある。「障害者向け支援技術(Accesible Technology)」の利用者には、Windows 7/8.1からWindows 10への無料アップグレードが引き続き提供されており、今のところ有料化の時期は告知されていない。対象となるユーザーは、Microsoftの特設ページから無料アップグレードが可能だ。

Windows 10 支援技術(Accesible Technology)の利用者には、引き続きWindows 10の無料アップグレードが提供されている

メディア作成ツールは「Anniversary Update」仕様に

 7月29日以前にWindows 7/8.1からWindows 10へ無料でアップグレードした後、何らかの理由でWindows 7/8.1環境に戻して利用しているといったユーザーは、今後も任意のタイミングでWindows 10に無料アップグレードが行える。

 これはWindows 7/8.1でのライセンス認証が、Windows 10へのアップグレードによって「Windows 10で利用可能なデジタルライセンス」へとアップグレードされるためだ。Windows 7/8.1に戻してからWindows 10をアップグレードインストールではなく、クリーンインストールしたとしても、自動的にライセンス認証が行われた状態となる。

 Microsoftの公式サイトから「メディア作成ツール(Media Creation Tool)」をダウンロードしてUSBメモリまたはDVD(ISOファイル)を作成し、アップグレードインストールまたはクリーンインストールが可能だ。

 ちなみに、8月2日にはWindows 10の大規模アップデート「Anniversary Update」が配信され、メディア作成ツールのOSインストールファイルもAnniversary Update準拠となった。これにより、Windows 7/8.1からWindows 10にアップグレードする場合、一気に最新の環境まで引き上げられるのは便利だ。

Windows 10 Windows 10の「メディア作成ツール(Media Creation Tool)」は、Microsoftの公式サイトからダウンロード可能だ。無料アップグレード期間が終わり、ページが更新されている。8月2日以降は中身も「Anniversary Update」準拠となった
       1|2 次のページへ

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう