PC USER Pro
ニュース
» 2016年08月19日 11時20分 公開

日本HP、PCの“総所有コスト”を計画的に管理できる企業向け月額サービス「HP Device as a Service」

日本HPは、PC本体とライフサイクル管理全体を単一の契約として提供する月額固定制サービス「HP Device as a Service」を発表した。

[ITmedia]

 日本HPは8月19日、PC本体とライフサイクル管理全体を単一の契約として提供する月額固定制サービス「HP Device as a Service」を発表、本日より提供を開始する。

 業務に必要となるPCテクノロジーとサポートを効率的に導入可能なサポートサービスで、単一の契約として提供することにより年間コストの予測が可能となるなどのメリットが生まれるほか、組織の変更にあわせた環境の調整などにも容易に対応できる、としているのが特徴。使用料は月額固定制で、PCの設定やインストールのほか、データ移行や保守、廃棄など顧客それぞれに最適化したサービス/サポートが提供される。

 詳細はこちら

HP Directplus オンラインストア


関連キーワード

HP | 業務 | 企業 | 保守 | サポートサービス


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう