ニュース
» 2016年10月07日 13時36分 UPDATE

クリエイティブ、ジェスチャー操作なども認識できる3Dカメラ「Creative BlasterX Senz3D」

クリエイティブメディアは、3種類のレンズを搭載し3D深度認識にも対応した3Dカメラ「Creative BlasterX Senz3D」を発表した。

[ITmedia]

 クリエイティブメディアは10月7日、3種類のレンズを搭載し3D深度認識にも対応した3Dカメラ「Creative BlasterX Senz3D」を発表、10月上旬より順次出荷を開始する。価格はオープン、予想実売価格は2万円台半ばの見込み。

photo Creative BlasterX Senz3D

 Intel RealSenseテクノロジーを採用したUSB 3.0接続対応の3Dカメラで、センサーとしてフルHD対応カメラのほか赤外線センサー/赤外線レーザープロジェクターの計3種類を搭載し、撮影画像の“奥行き”を認識できるのが特徴。RealSenseテクノロジー対応アプリケーションと併用することで、手などの動きによるゼスチャー操作などを行うことができるほか、3Dスキャンによるモデル作成などを行うことも可能だ。またWindows 10のWindows Helloの顔認証についても今後対応の予定となっている。

photo

 搭載マイクはデュアルマイク仕様で、ノイズ/エコー軽減などにより集音性能を高める「CrystalVoice」技術も搭載した。

 本体サイズは約70(幅)×30(奥行き)×125(高さ)ミリ、重量は約120グラム。対応OSはWindows 10 64bit版だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう