ニュース
» 2017年03月02日 13時25分 UPDATE

MSI、Ryzen対応の多機能ゲーミングマザー「X370 XPOWER GAMING TITANIUM」

台湾MSIは、AMD X370チップセットを採用したATXマザーボード「X370 XPOWER GAMING TITANIUM」など2製品を発表した。

[ITmedia]

 台湾MSIは3月2日、AMD X370チップセットを採用したATXマザーボード「X370 XPOWER GAMING TITANIUM」を発表、3月3日に販売を開始する。価格は3万9980円(税別)。

 AMD製最新CPUとなるRyzen 7の搭載をサポートしたSocket AM4対応のATXマザーボード。また年内にAMDより投入予定の第7世代APU/Athlonへの対応もうたわれており、APU装着時に利用可能なHDMI/DVI出力も標準で装備している。

photo X370 XPOWER GAMING TITANIUM

 メモリスロットはDDR4スロット4本(最大64GB)。拡張スロット構成はPCI Express 3.0 x16×2、同 2.0 x16×1、同 2.0 x1×3を装備(Ryzen搭載時は2-way SLI/3-way CrossFireをサポート)。Turbo U.2×1、Turbo M.2×1/M.2×1、USB 3.1 Gen2なども標準で利用可能だ。


 このほか、AMD B350チップセット採用のスタンダードATXマザーボード「B350 TOMAHAWK」もあわせて発売される。予想実売価格は1万4380円(税別)。

photo B350 TOMAHAWK

関連キーワード

マザーボード | AMD | MSI | Ryzen | CrossFire | Ryzen 7


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう