ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  R

  • 関連の記事

「Ryzen 7」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Ryzen 7」に関する情報が集まったページです。

COMPUTEX TAIPEI 2022:
デスクトップ向け「Ryzen 7000シリーズ」は2022年秋発売 新しい「Socket AM5」「AMD 600シリーズチップセット」も登場
AMDがデスクトップPC向けの「Ryzen 7000シリーズ」を2022年秋に投入する。仕様の概要や対応チップセットに関する発表も行われたので、簡単にまとめる。(2022/5/23)

96MBのL3キャッシュは効果あり? AMD 3D V-Cache搭載の「Ryzen 7 5800X3D」の実力をチェック!
AMDのデスクトップPC向けCPU「Ryzen 7 5800X3D」は、独自の「3D V-Cache Technology」を活用してL3キャッシュを従来比で64MB増量したことが特徴だ。条件によっては上位の「Ryzen 9 5900X」を上回るパフォーマンスを発揮するという同CPUの実力を、実際にテストを通してチェックしていこう。(2022/5/20)

MSI、“1080pゲーム”に好適なRyzen 7+Radeon RX 6600M搭載の15.6型ゲーミングノート
エムエスアイコンピュータージャパンは、モバイルRyzen 7を標準搭載した15.6型ゲーミングノートPC「Alpha 15, AMD Advantage Edition」を発売する。(2022/5/18)

PR:仕事やゲーム、映像編集も万全! コスパ良好のデスクトップPC「mouse DT6-G [Windows 11]」を試す
ハイブリッドワークやおうち時間の増加でノートPCを手にした人が増えているが、やはりPCをさまざまな用途で快適に使いたいという場合は、デスクトップPCの方が同じコストを掛けても高性能なモデルが買える。今購入できる、お勧めの1台をピックアップした。(2022/5/18)

この10年で起こったこと、次の10年で起こること(62):
AMDの最新GPU「Radeon RX 6500 XT」戦略を読み解く
2022年も新しい半導体チップが次々と発売されている。新製品ラッシュとなっているのは米AMDだ。今回はGPU「Radeon RX 6500 XT」を中心に報告する。(2022/5/12)

GeForce RTX 30シリーズに徹底対抗:
デスクトップ向け「Radeon RX 6000シリーズ」にリフレッシュモデル 日本では5月13日11時発売
AMDが、デスクトップ向けのRadeon RX 6000シリーズにリフレッシュモデルを追加した。動作クロックの向上とメモリのスピードアップによってパフォーマンスを改善したことが特徴だ。(2022/5/10)

ASUSがIntel Arc A370Mや4K有機ELパネルを採用した「Zenbook Pro」「Zenbook S」シリーズを発表
ASUSは、このほど実施されたグローバルPC発表会にて「Zenbook」シリーズの新モデル6機種を発表した。(2022/5/10)

ASUS、3.2Kディスプレイ搭載の16型ノート「Vivobook Pro 16X OLED」などVivobook新モデル
ASUSがグローバルPC発表会にて同社製ノートPC「Vivobook」の新モデル計3製品を発表した。(2022/5/10)

AMDがChrome OS搭載デバイス向けの「Ryzen 5000 C」シリーズを発表 最大85%のGPU性能向上を実現
5月5日(現地時間)、AMDがZen 3アーキテクチャを採用したプロセッサ「Ryzen 5000 C」シリーズを発表した。Chrome OSを搭載したデバイスを想定したもので、順次搭載モデルが発売される見込みだ。(2022/5/6)

古田雄介のアキバPick UP!:
Radeon RX 6400カードが登場! ロープロ&1スロットモデルが人気
2万円台で買える「Radeon RX 6400」カードが各社から登場した。ニッチな需要ではあるが、まずまずの滑り出しを見せているという。(2022/4/25)

古田雄介の週末アキバ速報:
L3キャッシュ96MBの「Ryzen 7 5800X3D」が登場! 店頭での評判は?
Ryzen 9 5950Xの1.5倍となる容量のL3キャッシュを搭載した、ゲーミング向けCPU「Ryzen 7 5800X3D」が4月22日に販売開始となった。価格は6万5000円強だ。(2022/4/23)

Ryzen 7 5800X3D搭載デスクトップPCが各社から販売開始
AMD製CPUのRyzen 7 5800X3Dを採用したBTOデスクトップPCが各社から発表されている。(2022/4/22)

Microsoft Pluton対応:
モバイル向け「Ryzen PRO 6000」はどのくらい“高速”なのか? AMDが解説
モバイル(ノート)PC向け新型APU「Ryzen PRO 6000シリーズ」が改めて発表された。それに合わせて、AMDが同APUの優位性を解説する説明会を開催したので、その様子を簡単にまとめる。(2022/4/20)

古田雄介のアキバPick UP!:
Ryzen 5000に3モデル追加! 一番人気は「Ryzen 7 5700X」
AMDのCPU「Ryzen 5000」シリーズに「Ryzen 7 5700X」と「Ryzen 5 5600」、「Ryzen 5 5500」が加わった。IntelのCore i5が品薄傾向にある中で、AMDは復活を遂げるか!?(2022/4/18)

サードウェーブ、Ryzen 5 4500/Ryzen 7 5700X搭載デスクトップPCの販売を開始 各ブランドから計12製品を投入
サードウェーブは、Ryzen 5 4500/Ryzen 7 5700Xを標準搭載したデスクトップPCの販売を開始した。(2022/4/15)

3D V-CacheでL3キャッシュを3倍に 「Ryzen 7 5800X3D」は4月22日11時発売 6万5300円
AMDが「Ryzen 7 5800X3D」の国内発売日と想定販売価格を発表した。4月22日の11時から販売が解禁され、想定価格は6万5300円となっている。(2022/4/14)

「ThinkPad」の2022年モデルが日本上陸 夏までに順次発売
レノボ・ジャパンが、2022年1月から順次グローバル発表されてきたThinkPadの2022年モデルを投入する。Ryzen 6000シリーズを搭載するモデルは新しいセキュリティプロセッサ「Microsoft Pluton」を利用可能で、第12世代Coreプロセッサを搭載するモデルは「Tile」による紛失時捜索に対応している。(2022/4/12)

Ryzen 7 5800U搭載の「ONEXPLAYER mini」、日本では初夏に発売へ
中国One-Netbook Technologyは、同社のWebページでRyzen 7 5800Uを搭載した超小型ポータブルPC「ONEXPLAYER mini」の注文受け付けを開始した。価格は1259ドルだ。(2022/4/11)

TSUKUMO、Ryzen 7 5700Gを搭載したスリムデスクトップPCを販売開始
ヤマダデンキは、スリム筐体採用デスクトップPC「TSUKUMO PC SLIM」のラインアップにAMDプロセッサ採用の新モデルを追加した。(2022/4/7)

AMD、Ryzen 7 5700Xなど5製品の国内販売情報をアナウンス
AMDは、エントリー/ミドルレンジ向けデスクトップRyzenプロセッサ5製品についての発売情報を告知した。(2022/4/5)

MINISFORUM、Ryzen 7搭載ミニデスクトップPC「EliteMini B550」の予約受付を開始
MINISFORUMは、Ryzen APUを標準搭載したミニデスクトップPC「EliteMini B550」の予約受付を開始した。(2022/4/4)

ASUS、スリム筐体を採用した第12世代Core採用ゲーミングノート「ASUS TUF Dash」など2シリーズを発表
ASUS JAPANは、高耐久設計を実現したゲーミングノートPC「ASUS TUF」シリーズに第12世代Coreプロセッサ採用の新モデルなど2シリーズ7製品を追加した。(2022/3/23)

ASUS、モバイルRyzen 6000シリーズを搭載したゲーミングノートPC計6シリーズを投入
ASUS JAPANは、最新もモバイルRyzenプロセッサを採用したゲーミングノートPC計6シリーズを投入を発表した。(2022/3/23)

古田雄介の週末アキバ速報:
「Intelと拮抗」「焼け石に水」「もう一声」――揺れる値下がりしたRyzenの評判
3月19日から“3連休”が始まる。それを控えた秋葉原のPCショップでは、期間限定のRyzen 5000シリーズの“値下げ”がいろいろな意味で影響を与えている。(2022/3/19)

デスクトップ向けRyzenに追加モデル 3D V-Cache適用の「Ryzen 7 5800X3D」は449ドルで4月20日発売
AMDが、デスクトップ向けRyzenプロセッサの追加ラインアップを発表した。3D V-Cacheの搭載でパフォーマンスを改善した「Ryzen 7 5800X3D」は、世界の広範囲で4月20日発売に発売される。他の新モデルは4月4日に登場する。【追記】(2022/3/15)

ASUS、光学ドライブを備えたRyzen採用ミニタワー型デスクトップ
ASUS JAPANは、ミニタワー型筐体を採用したスタンダードデスクトップPC「ASUS U500MA」の新モデルを発表した。(2022/3/11)

Huaweiが第11世代Coreプロセッサ搭載のノートPCや「MateBook」などを発表
中国Huaweiが、新型ノートPC「MateBook X Pro」など3製品を発表した。日本での展開は未定だ。(2022/3/3)

MWC Barcelona 2022:
Lenovoが新型ゲーミングノートPCを発表 ワイヤレス充電対応のゲーミングマウスも
LenovoがエントリークラスのゲーミングノートPCの新モデルを発表した。最新の第12世代Core-HプロセッサまたはRyzen 6000Hプロセッサを搭載しており、前者はIntel Arc Graphics内蔵構成も用意する。合わせて、ワイヤレス充電に対応するワイヤレスゲーミングマウスも投入される。(2022/3/1)

ASUS、モバイルRyzen 7を採用した23.8型液晶一体型デスクトップ
ASUS JAPANは、23.8型フルHD液晶ディスプレイを搭載した一体型デスクトップPC「ASUS M3400WU」「ASUS Zen AiO 24 A5401WR」を発表した。(2022/2/25)

棋士専用ノートPC「GALLERIA碁・将棋MASTER」発売 「LeelaZero」「elmo」などAI搭載
サードウェーブが囲碁・将棋の棋士向けノートPC「GALLERIA碁・将棋MASTER」を発売した。AI囲碁・将棋ソフトをプリインストールし、戦略の研究分析に使えるとしている。価格は23万9800円。(2022/2/21)

サードウェーブ、ゲーミングPC「GALLERIA」にAI囲碁/将棋ソフト導入済みの対局研究用ノートPC
サードウェーブは、AI囲碁ソフト/AI将棋ソフト計4種類を標準で導入した検討用ノートPC「GALLERIA碁・将棋MASTER」を発売した。(2022/2/21)

“6nmプロセス化”だけではない! AMDがモバイル向け「Ryzen 6000シリーズ」の進化を力説
AMDが、CES 2022で披露したモバイル向けRyzen 6000シリーズプロセッサの詳細を解説するイベントを2度に渡って開催した。競合のIntelが製品の競争力の面で復活しつつある中、弱点を徹底的につぶした上で強みをより強化することで再び優位性をアピールできるAPU(GPU統合型CPU)に仕上がった。【訂正】(2022/2/18)

デル、15.6型ノート「Inspiron 15 3000」にCeleron/モバイルRyzen搭載の新モデルを追加
デル・テクノロジーズは、個人向け15.6型ノートPC「Inspiron 15 3000」シリーズのラインアップにCeleron搭載モデルおよびAMDプロセッサ搭載モデルを追加した。(2022/2/16)

ユニットコム、「iiyama PC」ブランドからモバイルRyzen搭載ノートPCを販売開始
ユニットコムは、モバイルRyzenプロセッサを標準搭載したノートPCの販売を開始した。(2022/2/14)

古田雄介の週末アキバ速報:
雪のアキバでIntel NUC(通常版)の品薄ぶりが目立つ
Intel NUCに代表される、超小型マシンの枯渇が複数のショップで目立っている。また、週末に向けてバレンタインセールを実施する光景も見られた。(2022/2/11)

16:10ディスプレイ搭載:
デルが「Inspiron」「Vostro」ノートPCのRyzenモデルを一新 2月8日から販売開始
デル・テクノロジーズが、個人向けの「Inspiron」と中小企業向けの「Vostro」のRyzen搭載ノートPCのラインアップを一新する。手頃な価格とパフォーマンスの両立を図った他、アスペクト比16:10のディスプレイを搭載して使い勝手を改善している。(2022/2/8)

GIGABYTE、Ryzen+GeForce RTXを搭載した15.6型ゲーミングノート
台湾GIGABYTE Technologyは、モバイルRyzenプロセッサを採用した15.6型フルHD液晶搭載ゲーミングノートPC「GIGABYTE A5 K1-BJP2150SB」を発売する。(2022/2/7)

ASUS、モバイルRyzenを搭載したミニデスクトップベアボーン 3画面出力もサポート
ASUS JAPANは、モバイル向けRyzen 5000シリーズを標準搭載した小型ベアボーンPCキット2製品を発表した。(2022/2/7)

デザイン一新でテレワーク性能を向上 液晶一体型デスクトップPC「LAVIE A23/A27」にRyzen搭載の新モデル登場
NECパーソナルコンピュータの液晶一体型デスクトップPCが、デザインを一新する。使い勝手を向上すべく、「原点回帰」として大きなスタンドで本体を支える構造に変更された他、Ryzenプロセッサを採用したことが大きな特徴だ。(2022/2/1)

テレワークやオンライン学習を想定 Ryzen搭載の13.3型モバイルPC「LAVIE N13」登場
NECパーソナルコンピュータが、若者向けの13.3型モバイルノートPCを発売する。価格と性能のバランスの高いRyzenプロセッサを搭載した他、各種ポート類を左右側面に持ってくることで使い勝手を向上した。(2022/2/1)

MSI、第11世代Core+RTX 3050を搭載したミドルレンジ15.6型ノートなど3製品
エムエスアイコンピュータージャパンは、第11世代Coreプロセッサを採用した15.6型ノートPC「Pulse-GL66-11UCK-1213JP」など3製品を発表した。(2022/1/27)

「GeForce RTX 3050」搭載グラボは1月27日23時に発売 約4年半前のゲーミングPCに載せるとどうなる?
NVIDIAが、「GeForce RTX 3050」を搭載するグラフィックスカードの販売を1月27日23時から順次開始することを発表した。発売に先駆けて、あえて約4年半前に発売されたゲーミングデスクトップPCにGeForce RTX 3050を搭載し、パフォーマンスをチェックしてみようと思う。(2022/1/27)

Ryzen 7搭載の7型ポータブルゲーミングPC「AYA NEO 2021 Pro」にレトロ調のカラバリモデル
リンクスインターナショナルは、中国AYA NEO製7型ポータブルゲーミングPC「AYA NEO 2021 Pro」のラインアップにレトロ配色を採用したカラーバリエーションモデルを追加した。(2022/1/24)

MSI、KVMスイッチ機能も備えたハイエンド32型4K液晶ディスプレイ 遮光フードも付属
エムエスアイコンピュータージャパンは、ビジネス/クリエイター向けとなる4K表示対応の32型液晶ディスプレイ「Summit MS321UP」を発売する。(2022/1/20)

在宅ワークの強い味方となる新型「Zenbook Pro 15 OLED」の魅力に迫る
ASUS JAPANの「Zenbook Pro 15 OLED」は、大画面の有機ELディスプレイを搭載したスタンダードなノートPCだ。ハイパフォーマンスな最上位モデルをチェックした。(2022/1/19)

Ryzen 7 5700Uを搭載した8.4型ゲーミングUMPC「ONEXPLAYER AMD版」の出荷が開始
テックワンは、One-Netbook Technology製となる8.4型ゲーミングUMPC「ONEXPLAYER AMD版」の取り扱いを開始した。(2022/1/14)

プロユースにも耐える性能と機能を備えたクリエイター向けPC「ProArt Studiobook 16 OLED」を試す
ASUS JAPANの「ProArt Studiobook 16 OLED」シリーズは、8コアのRyzenプロセッサとGeForce RTX 3070/3060を備えたクリエイター向けのハイエンドノートPCだ。シリーズ最上位モデルをテストした。(2022/1/12)

AYA NEO、小型ゲーミングPCの新型「AYA NEO NEXT」を発表。Ryzen 5000を搭載
AYA NEOは、同社が発売する小型ゲーミングPC「AYA NEO」シリーズの新型となる「AYA NEO NEXT」を発表した。(2022/1/7)

Lenovoが「Yoga」ノートPCの2022年モデルを披露 Intelの新型GPU「Arc A」搭載モデルも登場予定
Lenovoが、CES 2022に合わせて「Yoga」ブランドの新型ノートPCを発表した。一部モデルでは、Intelが間もなく正式発表する外部GPU「Intel Arc Aシリーズ」を搭載する構成も用意される予定だ。(2022/1/6)

Lenovo、Core i9-12900H搭載240Hz表示ノートPCなどを発表
LenovoがCES 2022にあわせて新製品を発表した。目玉は最大でCore i9-12900HとNVIDIA GeForce RTX 3070Tiを搭載するゲーミングノートPC「Legion 5i Pro/5 Pro」だ。(2022/1/6)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。