ニュース
» 2017年09月26日 12時18分 公開

リンクス、7型WUXGA液晶を備えた小型軽量モバイルノート「GPD Pocket」の取り扱いを開始

リンクスインターナショナルは、中国GPD製のWindows搭載7型モバイルノートPC「GPD Pocket」の取り扱いを発表した。

[ITmedia]

 リンクスインターナショナルは9月26日、中国GPD製のWindows搭載7型モバイルノートPC「GPD Pocket」の取り扱いを発表、9月27日よりTSUKUMOにて先行販売を開始する。価格は5万9800円(税別)。

photo
photo GPD Pocket

 1920×1200ピクセル表示/タッチ操作対応の7型ワイド液晶ディスプレイを内蔵した小型ノートPCで、プロセッサとしてAtom x7-Z8750(1.6GHz/最大2.56GHz)を採用。OSはWindows 10 Home 64bit版を導入している。英語配列キーボードを標準で装備、マウスポインタ操作が可能なトラックポイントも内蔵した。

 メモリは8GB、ストレージはeMMC 128GBを内蔵するほか、USB 3.0×1(および充電用Type-C×1)、microHDMI映像出力、IEEE 802.11ac無線LAN/Bluetooth 4.1なども標準で利用できる。本体サイズは180(幅)×106(奥行き)×18.5(高さ)mm、重量は約500gだ。


 またリンクスインターナショナルは、1280×720ピクセル表示対応5.5型ワイド液晶/Atom x7-Z8700搭載のモバイルノートPC「GPD WIN」の取り扱いもあわせて発表、9月27日よりTSUKUMOにて先行販売を開始する。価格は4万6800円だ(税別)。

photo GPD WIN

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう