ニュース
» 2017年10月03日 14時04分 公開

デル、筐体デザインを一新したプロ向けワークステーション新モデル

デルは、同社製ワークステーション「Dell Precision」4シリーズのラインアップを改定、本日より販売を開始する。

[ITmedia]

 デルは10月3日、同社製ワークステーション「Dell Precision」4シリーズのラインアップを改定、本日より販売を開始する。

 今回のラインアップ刷新では筐体デザインを一新し、全モデルでHDDの前面アクセスを実現した。ラインアップは、最大5基のHDDを装着可能な「Dell Precision 5820 Tower」「Dell Precision 7820 Tower」、最大10基(前面6基+背面4基)のHDDを装着可能な「Dell Precision 7920 Tower」と、2Uラックマウント筐体採用モデルの「Dell Precision 7920 Rack」の計4構成を用意した。

photophoto
photo Dell Precision 5820 Tower(左上)、Dell Precision 7820 Tower(右上)、Dell Precision 7920 Rack(下)

 CPUは最新のXeonプロセッサを採用、グラフィックスカードはPascal世代のQuadro搭載カードまたはRadeon Pro搭載カードを装着可能。いずれもOSはWindows 10 Pro Workstationsを標準で導入している。価格はDell Precision 5820 Towerが22万9980円から、同 7820 タワーが25万9980円から、同 7920 タワーが34万9980円から、同 7920 ラックが28万9980円から(いずれも送料込み、税別)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう