コラム
» 2017年10月22日 06時00分 公開

ITはみ出しコラム:「Mac mini」次期モデルはいつ出る? どんな製品になる?

3年間アップデートのなかった「Mac mini」ですが、Appleから「今後は重要なパートにする計画」とのコメントがあり、次期モデルに期待する声が大きくなってきました。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Appleのティム・クックCEOが、「Mac mini」を「今後の製品ラインの重要なパートにする計画だ」とユーザーにメールしたというニュースに、予想以上の反響があってびっくりしました。Mac miniをそんなに待っている人がいるのか、と。

 いまだに3年前にアップデートされたきりのMac miniを使っている人(私もです)は、9月のiPhone発表イベントでの「もしかしたら新モデルが……」という淡い期待を打ち砕かれたところだったので、なおさら響いたのでしょう。

mini 1 2014年に発売された「Mac mini」の“最新”モデル

 Mac miniは、2005年にサンフランシスコで開催されたMacworld Expoにて故スティーブ・ジョブズ氏が、Windowsから気軽にスイッチできる価格で、かつ家庭用の2台めとか3台めとか4台めとかのMacを欲しがっているユーザー向けにもなるMacとして作った、と紹介しました。

mini 2 初代Mac miniを披露するジョブズ氏

 Mac miniはそれ以来、うちでも夫婦の共有サーバ兼iTunesハブ兼年賀状作成端末として居間にちょこんといます。新モデルが出る度にディスプレイとキーボードとマウスは大体そのままに、Mac miniだけ更新してきました。

mini 3 うちのMac mini

 それでもさすがに2014年の最先端は、2017年には思いっきり古めかしいです。ユーザーを切り替えるだけでも数十秒かかり、Photoshopを起動するにもフリーズしたかと思うほど待ちます。ポートもThunderbolt 2とUSB 3.0で、もちろんUSB Type-Cってなに? という構成です。

mini 4 背面

 「そろそろ限界だねぇ」とか、「買い換えるとしたらiMacだけど、Mac Miniにつないでいる外付けのディスプレイをまだ使えるのに捨てるのかー」と話し合っていたところでした。そこにクックさんの発言があり、「新Mac miniが出るなら、もうちょっと待とう」ということになりました。

 でも、それではいつ新モデルがでるの? ここからは予想の話です。

 Appleは例年、秋に新iPhoneの発表を中心とするイベントをやり、春にも時々「MacBook」や「Apple Watch」のイベントをやります。6月に開催される開発者会議のWWDCでたまに新製品発表することもあります。イベントなしで急にオンラインストアが「しばらくお待ちください」になって、いきなり新製品が買えるようになる(俗に言う「サイレントアップデート」)、ということもあります。

 9月のiPhoneイベントの後、10月にMac関連のイベントをやった年もあります(2014年とか2016年とか)。でも、もう10月後半だし、今の時点で招待状が出ていないということは、10月の発表はなさそうです。

 そして、「製品ラインの重要なパートになる」ような製品をサイレントアップデート方式でひっそり出すとも思えません。

 大体そんなにすぐに発表するのであれば、クックさんも「今はまだ詳細を言える時期ではない」なんて言わないでしょうし。ということは早くても2018年の3月くらい、ですかね。

 では、どんなMac miniになるのでしょう。

 希望的な臆測はいろいろ飛び交っていますが、今のところ信頼できそうな情報はありません。Mac miniはHDMI端子付きなので、米国ではメディアサーバアプリの「Plex」を入れて「Apple TV」的に使っている人も多いらしく、「Apple TVにもなるMac mini」を予想する向きもあります。

 Mac miniを居間で使っていると、確かにApple TVの機能もついたらいいかもと思います。でも、Apple TVはもともと小さいので別々でも邪魔にならないから、このままでもいい気もします。

mini 5 うちの「Apple TV」

 ついでにマイクとスピーカーも搭載して、開発中のSiriが使えるスマートスピーカー「HomePod」にもなればいいのに、という人もいます。そうなると頭を光らせたりしなくちゃならないので、それはないかなぁと私は思います。

 「iMac」に「iMac Pro」が加わったように、Mac miniにもハイエンドの「Mac mini Pro」が登場するかも、といううわさもあります。ジョブズ氏の意図からは離れてしまいますが、AR・VRのサポートが可能なデスクトップになれば、Appleの製品ラインにとって「重要なパート」になりそうです。

 これからもMac miniを使っていきたいユーザーとしては、余計なものは追加せず、CPUとGPU(そろそろディスクリート)とポートの刷新だけしてもらえればいいのですが。メモリを自分で増設できるようにしてほしい、とまでは言いませんから。

バックナンバー

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう